〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2008/12/11

お子様ゲレンデデビューの秘訣?  石打丸山スキー場
スキー・スノボーは、子ども達と同じ土俵で遊べるので、私も大好きです。
子どもとのコミュニケーションにはもってこいだ、と、私はよく言うのですが、
子ども連れでのスキー・スノボー旅行に不安を感じたり
困った経験をした方もたくさんいるかもしれませんね。

私の世代は、国民皆スキーヤー世代?ですが、
ゲレンデデビューは、子ども時代ではなかった人が多いと思います。
ある程度、大人になってからのデビューは、
どうしても理屈を考えてしまったりして、
上達に時間がかかった経験をお持ちの方も多いでしょうから、
お子さんのスキー(スノボー)デビューは難しいと考えている人も
多いかもしれません。

確かに、ゲレンデを眺めていると
思い通りに行かないうちは、すぐ飽きてしまったり、怖がったりする
子ども達もいます。
教える側も理解してくれない子どもに苛立ちを感じたり、、、
怒っている親御さんや泣いているお子さんを
目にすることも珍しくはありません。

私は、上の子のときは、本人がやりたいと言うまで、教えるのを我慢しました。
小さい頃は、雪だるまとソリにずっと付き合っていましたが、
ある時、肩車をして緩斜面を滑り降りると、急に興味を持ってくれたのです。
それからは、あっという間でした。

下の子のときは、スキーの準備をしながら、
「ひとつだけ約束だよ。2時間だけは、我慢してお父さんの言う通りにしなさい。
そうすれば、絶対自由に滑れるようになるからね。」
と、言って、ゲレンデに出ました。
2時間後、嬉しそうにノンストップで滑っている姿は、
私も嬉しかったものです。

2人ともその後は、勝手に上達してました。
たまに一緒にゲレンデに出ても
ティータイムにしたい私に休憩を取らせてくれないので、
今では、すぐ休む私と滑るのは嫌がっているかもしれません(笑)。

子どもにとっては、ボーゲンができれば、
スキーなんて、その後は簡単なスポーツです。
道具のメカニズムを生かせば、ごく簡単な体重移動でターンもできますからね。
今は、カービングスキーのお陰で、更に簡単になりましたし。

それと、大切なのは、大袈裟に褒めること(笑)
教える自信がなければ、半日程度で良いので、
スクールに預ければ、子どもはすぐに滑れるようになります。
初期投資もレンタルでまかなえば抑えられます。

室内での一人遊びが多くなった最近の子ども達に
アウトドアの素晴らしさを伝えていくのは、大人の使命です。

普段見ることのできないたくさんの雪も子ども達は大好きですし、
まるで絵のような美しい景色は、心を癒します。
未来の日本のためにも(?)、殺伐とした社会に負けない
感受性や喜怒哀楽を育ててあげましょう。
きっと、良い思い出が心に刻まれますよ。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ