〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2009/6/20

カワガキ (魚野川の川遊び)  自然体験
今日は、昨日までのお客様がアウトした後は、
久し振りに宿泊のお客様が少ない週末になりました。
仕入れを済ませた後の仕込までの空き時間を見計らったかのように
次男(小5)が「川に泳ぎに行こうよ」と。

本当は昼寝でもしたかったのですが、普段なかなか遊んであげられないので、
「行くか!」と言うと大喜びです。
時期的にはまだ早いのですが気温も30℃近くなっていたので、
まぁいいでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、地元の子供たちの憩いの淵です。
遠くには中学生の姿も見えます。
数年前の雑誌での連載にもここを題材に「カワガキ」の話を書きましたが、
その時は、今は高校2年生の長男を連れてここに来ていたことを思うと
延々とこの場所を遊び場にする地元の子供たちに
「まだまだ日本も捨てたもんじゃないな」とも思うのです。

とりあえず、私も潜ってみましたが、さすがに寒い!

クリックすると元のサイズで表示します

崖から飛び降りることができるこの淵は、相変わらずの深さでした。
ここらで3mぐらい。
もっと深いところもあり魚もたくさんいます。

岸でのどかな風景を見ていると、上流から釣り人が降りて来ました。
長い距離を歩いてこの淵にたどり着いたのでしょうが、
「カワガキ」たちの姿にあきらめて戻って行きました。
まぁ、しょうがないですね(笑)

その後、私は大きな岩に腰掛けてボーっとしていましたが、
カジカガエルがあちこちで鳴き始めました。
鳥のさえずりに似た綺麗な声で鳴くこの蛙も綺麗な水にしか棲めません。
知らない人は、きっと鳥が鳴いていると思うことでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、カワニナ。
ホタルの幼虫の餌になります。
つまり、これがいないとホタルもいない、と言う訳です。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、クロカワムシ。
怪獣みたいですが、ヒゲナガカワトビケラの幼虫ですね。
渓流釣りの好い餌にもなります。

クリックすると元のサイズで表示します

派手なフライのように見えるこれは何かの抜け殻です。
何でしょうか???
水面を漂っていました。

クリックすると元のサイズで表示します

ミヤマカワトンボ(名前が記憶違いだったらお許しください・・)
こちらでは、珍しくもない川トンボですが、
胴体の青が美しいトンボです。

クリックすると元のサイズで表示します

帰りも息子は泳ぎながら着いてきました。
遠くに芥子粒のように見えるのは、地元の女子中学生です。
女の子もこんな時間の過ごし方をしているのを見ると
「田舎って良いなぁ」と思うのです。

もっと気軽に泳げる場所もありますから
夏には、たくさんの子供たちにこんな遊びを経験させてあげたいですね。
タグ: 魚野川 川遊び 

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ