〒949-6372 新潟県南魚沼市石打972−2  025-783-3442    アンティーズハウスHPはリンク集からどうぞ。

2009/6/29

空梅雨中の魚野川&親子で昆虫採集  フィッシング
魚野川は、相変わらず減水が続いています。
そのため、ブヨが多く発生してます。
雪しろや雨による増水が無いため、ブヨの繁殖地帯が流されなかったからでしょう。
フィールドでは、虫除けスプレーなどを携行して下さい。

クリックすると元のサイズで表示します

連日真夏日となった週末は、タフコンディションの中、
土曜日には60cmの大物も出ました!

画像は、昨日の本流遡上の岩魚(28cm)です。
金曜日(26日)には、40cmの本流岩魚や尺オーバーヤマメも出ました。

クリックすると元のサイズで表示します

少し雨が降ると、モドリヤマメが動きます。
これは、35cm。
うちの周辺に刺して来るのは、梅雨末期ごろでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

減水が逆に嬉しい?のは、ドライフライ。
水面での大物は、そうそう簡単には出ませんが
うちの常連さんは、25〜28cmをたくさん出していおり、
土曜日のイブニングには、34cm岩魚をキャッチしました。

上の画像は、幼魚ですが、綺麗ですね。
岩魚は、某源流部の地岩魚です。
水系によって、少しずつ色に違いのある地岩魚は、実に神秘的な美しさです。

クリックすると元のサイズで表示します

これが件の34cm。
ドライでこのサイズが出るとしびれますね。

そうそう、初めていらしたドライフライのお客様もめでたく土曜日の朝、
32cmの岩魚をキャッチし、27〜8cmの岩魚を連発した流域もありました。

私もドライフライを楽しんでいた頃は、
25cm強の魚で充分嬉しかったものです。
(フライフィッシングは下手だからということもありますが・・)
でも尺を目指し、泣き尺に複雑な気持ちで?喜ぶのが、
トラウト釣りの原点であり、本来の姿とも言えますね。

本流釣りも渓流釣りも、
「アンティーズハウスに泊れば、どんな時でもきっと満足させてくれる」・・
そんな『伝説』作りにせっせとリサーチをしています!

クリックすると元のサイズで表示します

梅花藻も咲いています。
魚野川は、いたるところに梅花藻があります。
水質が良い証拠ですね。
これがあるところをレインボーが好むとも言われています。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな努力が実ったのか、川鵜も見なくなりました。
ほほえましいですね(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

過日、レインボーを狙っていた時に「マッカチン」をキャッチしました。
子供の頃は夢中で捕まえたものですが、このときも夢中で追いかけました(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

今回の週末には、今シーズン初の昆虫採集目的のファミリーもいらっしゃいました。
こちらは、リサーチもあまり上手ではないのですが、
立派なミヤマクワガタを含むクワガタたちが捕れて、お子様も喜んでくれました。
そうそう、今はホタルも楽しめますよ。

魚野川フライ・ルアーフィッシング、鮎釣り、昆虫採集、川遊び・・・
夏のご予約は、お早めにどうぞ!

■ 7/26に『魚野川オープン鮎釣り大会』が
  宿のすぐ近くの五十嵐橋〜坪池橋で行われます。
  参加ご希望の方は、お問い合わせください。
  ※お申し込みは大会事務局に直接行っていただきます。
   締め切り・・7/17(金)


コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ