黙々と-part2

デモと映画と卓球と
本と旅と音楽と

 

カレンダー

2020年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:KY生
改正手続法自体が問題なのではありません。
自公案のその中身が恣意的で公正な手続法になっていないから日本弁護士会も反対しています。

 こちらをご検討ください。
http://www.nichibenren.or.jp/ja/special_theme/kokumin_touhyouhou.html
投稿者:権利侵害しないで
日本人に国防意識が無ければアメリカからの独立など絶対に不意可能です。

投稿者:権利侵害しないで
現行憲法の第96条で定められている改正手続を、なぜ否定しようとするのか理解出来ません。

国民投票は国民の権利です。

何故権利を『許すな!』といって踏みつぶそうとするのか、多くの国民は納得出来ないでしょう。
憲法改正については6割以上(誤差をおそれずいうと)の国民が支持しています。
またほとんどの国民が憲法改正について賛否関心を持っており、それを国民投票で決めようとするのは民主主義国家として当然です。
国民には選択する権利があります。

その権利をある一つの主張で持って封じる事、これはその主張する人々の傲慢です。
自分たちが唯一正しいのだ、お前たちは間違えだ選択させるな、というおごりです。
これは言論封殺ではないでしょうか?

なぜあなた方の主張で、国民の権利が封じられ無ければいけないのでしょうか?教えて下さい。
投稿者:miya
表面上は、民主主義と言っていながら、実は違う。
憲法が改正されたら、これからの子供達が安心できない。
日本は、本当にアメリカから独立していない。
教育基本法・・
そして憲法もとなったら暗すぎます。
止めたいです!!

自由項目

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ