黙々と-part2

デモと映画と卓球と
本と旅と音楽と

 

カレンダー

2021年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:KY生
古井戸さんコメントありがとうございます。
 よませていただきましたが、小生にはちょっと手ごわすぎるかな・・。理解半分いけばいいところです。
投稿者:古井戸
追悼。
http://blog.so-net.ne.jp/furuido/2007-07-30
ソクラテス直系のデモクラット。


http://blog.so-net.ne.jp/furuido/
投稿者:KY生
追悼のコメントいただいた皆様有難う御座います。
 小田さんは、いつも「いいだしっぺがやる」というベ平連の原則をいつもおっしゃってました。 
 口だけで評論するインテリのインチキさというのを心の底から軽蔑していたんだとおもいます。
 小田さんの葬儀(追悼行進あり)と別な一面については親交のあった、大木晴子さんの
http://www.seiko-jiro.net/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=519&forum=1&post_id=797#forumpost797
をぜひお読みください。
投稿者:ヒデ
私は、べ反戦のころの小田さんはあまりよく知りませんでした。でも、イラク反戦で再び表舞台に登場したときは、衝撃的でした。
インタヴューアーに答えてべ反戦の頃のことを語っていたのが印象に残っています。
とくに、「人のことはつべこべ言うな。自分がやれ。」というのがべ反戦のモットーのひとつだったと語られていたのが、今でも鮮明に印象に残っています。
投稿者:Y澤
「何でもみてやろう」を再読すべく久々に本屋へと。ついでに「中流の復興」も購入。
読了した、翌日の訃報でした。ご冥福をお祈りいたします。
投稿者:鮎
心から、ご冥福をお祈りします。
ホントはもう少し、この時代を一緒に突き進んで行きたかったけれど、あとは残された私たちに託された大きな課題でもありますね。

自由項目

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ