一葉無限・・・草笛の世界

                                    Leafman こと草笛配達人・菅間忠男の綴る草笛日記

 

カレンダー

2021年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:leafman
hanpara様
 Leafmanが小学生の頃、耳にした歌謡曲の出だしです。今、調べて、菊田一夫作詞、小関裕而作曲という豪華版であったことを知りました。歌は、織井茂子でした。タイトルは「黒百合の歌」でした。

黒百合は 恋の花
愛する人に捧げれば
二人はいつかは 結びつく
あああ・・・あああ・・・
この花ニシパに あげようか
あたしはニシパが 大好きさ

黒百合は 魔物だよ
花のかおりが しみついて
結んだ二人は はなれない
あああ・・・あああ・・・
あたしが死んだら ニシパもね
あたしはニシパが 大好きさ

黒百合は 毒の花
アイヌの神の タブーだよ
やがたはあたしも 死ぬんだよ
あああ・・・あああ・・・

ニシパは、nishipaです。小学生の耳には、西庭という男の名前に聞こえておりました。ニシパのことは、これから調べます。

http://green.ap.teacup.com/leafman/
投稿者:hanpara
leafman 様
黒百合 初めて見ました。
“恋の花”というわりに可憐な佇まいですね。
“恋の花”というのは歌詞からきているのでしようか?
それとも、アイヌの伝説の中にあるのでしょうか?
12|3
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ