一葉無限・・・草笛の世界

                                    Leafman こと草笛配達人・菅間忠男の綴る草笛日記

 

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:leafman
草笛楽人様
 14日は残念です。かく言うLeafmanも午後の部だけの参加です。午前は、あまり似合わない「文章講座」への出席です。(一応役員をやらされているものですから・・・)
 町田の甲斐さんにお会いできるのではないかと楽しみにしております。

http://green.ap.teacup.com/leafman/
投稿者:草笛楽人
Leafman様
7日に昭和記念公園へ行って来ました。未だコスモスは五部咲きと云った感じでした。草笛演奏会の日には満開に成るでしょう。残念ながら今回も演奏会に出席出来ません。皆様に宜しくお伝え下さい。

http://www.geocities.jp/ja1dyy
投稿者:leafman
タケシ様

こちらこそ、いつもありがとうございます。ちょうどコスモスの盛りかと、楽しみにしております。いつかお目にかかれたらと存じます。甲斐さんとお会いするのも楽しみにしております。

http://green.ap.teacup.com/leafman
投稿者:タケシ
こんばんは!いつもありがとうございます!

14日昭和記念公園で「草笛コンサート」があること。草笛おじさん、甲斐さんから聞いていました。

行こうと思っていたのですが、その日新潟で法事が入ってしまったんです(T_T)

草笛、こころあたたまるやさしい音色。
みんな感動すると思います。

コスモスの丘満開かも。

http://goodluck.air-nifty.com/symphonic/
投稿者:leafman
ミゾ様
 お言葉ありがとうございます。
>草笛は自然との接点のひとつだろうと考えていますが、人の心と心を繋ぐ接点でもありますよね。
 おしゃる通りと存じます。また、そうあって欲しいと思います。来週福井県の小中学校3校に草笛配達です。月夜の仔猫でご一緒させていただいているJunkoさんに連れられての、彼女のフルサト回りです。心と心が繋がれば嬉しいのですが・・・


http://green.ap.teacup.com/leafman
投稿者:ミゾ
感動的なブログでした。

《これらの文字が滲み霞んでゆくのにまかせるよりなかった。》
その場の情景が私にも移ったのか思わず目頭が熱くなりました。

《遠い日、子ども達がアシの葉や麦、竹の若葉、タンポポの茎で遊びたわむれた光景を引き連れてくる。》も名文ですねえ。
遠い記憶の懐かしさと失われたものの大きさを余すところなく伝えているように思いました。

草笛は自然との接点のひとつだろうと考えていますが、人の心と心を繋ぐ接点でもありますよね。
ブログの本文、富地蔵さんのコメントなどを拝見するほどにそうした思いが募ります。


http://www.geocities.jp/m_tadahirojp
投稿者:leafman
富地蔵様
 お言葉ありがとうございました。
>結局出来る人間が吹きつづけることが次代の誰かに火をつける。
 本当にその通りだと思います。恩師は、国語の先生で、大げさに言えば「如何に生きるか」を言葉にしないで教えて下さいました。その先生が、草笛を取り上げてくれました。また勇気百倍です。
 できるだけ早く富士の麓におじゃまして、お蕎麦とお話で、それと草笛で、盛り上がりたく存じます。(お酒は卒業しましたので・・・)

http://green.ap.teacup.com/leafman/
投稿者:富地蔵
 絶対につながっていくと思います。

 自分もそうであったように葉っぱを口にしてメロディを奏でる。

 興味が湧かない訳が無い。

 結局出来る人間が吹きつづけることが次代の誰かに火をつける。

 彼がまたたすきを渡す。

 草笛の将来まんざらではないと思います。

 100年前の日本人が自転車に乗れるなんて誰も思わなかったんではないでしょうか。

 富地蔵、来てくれたお客さんのご要望に応えて吹きつづけています。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ