一葉無限・・・草笛の世界

                                    Leafman こと草笛配達人・菅間忠男の綴る草笛日記

 

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:leafman
ミゾ様
 お言葉ありがとうございました。子どもたちが危険から守られていない時代というのは、なんとも言えない気分です。大人の心の持ちように、何か定まらないものが残り、それが子どもにも影響しているのでしょうネ。
 安全・安心な社会なら、草笛も良い響きを聞かせてくれると思います。

http://green.ap.teauha cup.com/leafman/
投稿者:ミゾ
芽吹きの季節は無限の可能性を秘めた全ての原点かもしれません。

一点の芽の芯が伸びて広がって花を咲かせるように、一枚の葉が奏でる音が何処までも広がって人々の心を安らかにしてくれるに違い有りません。

昨日、草笛を習いたいという方から仕入れたことですが、植物の芽の小さな時はプロポリスという免疫系の物質に守られているのだそうです。
昔に比べ、子供達が周りから見守られているとは言い難い世の中になってしまいました。

時には叱ることも避けずに優しく見守りたいものです。
草笛の音色が少しでもそうしたことの手助けになるといいですね。

http://www.geocities.jp/m_tadahirojp
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ