一葉無限・・・草笛の世界

                                    Leafman こと草笛配達人・菅間忠男の綴る草笛日記

 

カレンダー

2021年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:leafman
ミゾ様
 ケロミンは、テルミンからの連想のようですが、音の原理はかなり違うようです。小型シンセサイザーという感じで、なかなかのものです。増殖するのも頷けます。
 草笛は、おっしゃる通り、その逆で、極めて「単純」ですネ。音の出る原理からは、篳篥、ハーモニカ、アコーデオンなどとの家族となりましょうが、その共通項は、「哀しみ」でしょうか?
 かやさんは、さらにお美しくご活躍です。最近は、31文字の世界に入り浸りのご様子です。Leafmanからは、ちょっと淋しいのですが・・・

http://green.ap.teacup.com/leafman
投稿者:ミゾ
いろいろな楽器があるんですねえ。

その点、草笛は真に以て単純な楽器ですが、単調なるが故に深みがあるとも言えそうです。
恰も、映画より原作が、長編小説より31文字や17文字が深い広がりを醸し出すように。

草さんもお元気で活躍されているようですね。

http://www.geocities.jp/m_tadahirojp
投稿者:leafman
草様
 こんばんわ! お変わりありませんか? 先だってはお世話になりました。
 ライアーは優しい音色で、やはり「癒し」の音を目指しているのだそうです。草笛との相性も良いようです。いつかコラボの機会に恵まれれば、と念じております。
 ピアノのIさんは、ケロミンの奏者でもあります。ケロミンは、かなりな音域、音色で、色んな曲や効果音を出します。腹話術ができれば、「話し」もできることになりますが、Iさんはこれはまだのようでした。
 ケロミンは、かなりな速度で増殖しているらしいです。

http://green.ap.teacup.com/leafman/
投稿者:leafman
草笛本舗様
 当日も19日もお世話になりました。楽騒団は、5人に限定し、5重騒団と名乗るのも迫力がありますネ。草笛は、人を選ばないと、騒団にはなれないようです。もうちょっとパワーが必要なのかもしれません。
 ホルダーはそれぞれ個性がありますネ。更に良いものが見つかったら教えてください。

http://green.ap.teacup.com/leafman/
投稿者:草
こんばんは。
竪琴いいですねぇ♪
竪琴と草笛の演奏というものも聞いてみたいものです。
ピアノの方がケロミンの腹話術もされるのですか?
投稿者:草笛本舗
Leafman様
楽騒団(ガクダン)に草笛も加わり、楽しく騒いで良い時間を過ごしました。
瓶詰のえのき茸が入っていた容器が楽人の楽器入れです。

http://www.geocities.jp/ja1dyy/index.html
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ