中年オヂさんの、呟き転じて人生備忘録となる・・・      なお、画像の無断転用はお断りします。

2021/10/23

ルーメット・・・2  工作室から

ナロネ22が届いて一晩眺めた後、整備のためバラしました。

車体はすぐに外れましたが、窓ガラスが強力な両面テープで貼り付けてあり、隙間にカッターナイフを差し込んで、ゆっくりと外しました…が、残ったテープの糊が大変粘っこく、これを取り除く事に難儀しました(汗)

クリックすると元のサイズで表示します

車体を洗浄後、雨樋上面を青15号で筆塗りを行ない、マスキング後にダークグレーを吹きます。

クリックすると元のサイズで表示します

KATO製の車両と並べても、違和感は随分和らぎました

クリックすると元のサイズで表示します

カプラーをkadee#5に交換しましたが、カプラー取付穴とネジは元のままです。
但し、高さが変るので、t1.0のプラ板をスペーサーとして挟んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

ユーザー取付のウ○コタンクは、KATO製を取付けることが出来なくなり、オリジナルパーツを使用しなければなりません。
資料を調べていると、全てがタンクを取付ていないようで、粉砕装置を取付けた車両や垂れ流しのままだった車両もいることが、写真から判明して大混乱…

クリックすると元のサイズで表示します

途方に暮れて、改めて資料を読み返していると、ナロネ22の1人用個室の窓ピッチは、『さくら』用に製造した日立製の2両(51番・52番)のみ狭いとの記述を見つけ、改めて模型を見直すと…

狭い…

製品に違和感を感じていた理由が判って一安心…っていうか、何で少ないタイプを模型化したの?

※鉄道ピクトリアル別冊「20系固定編成客車」より101番も狭い事が判明。「さくら」用新製車は全車狭い事に…


話を戻して、ネコの『鉄道車両ガイドVol24 20系客車』のP27に、152番の写真を見つけて、じっくり眺めていると、どうも運用離脱後の姿のようで、ウ○コタンクはおろか粉砕装置も付いておらず、単なる流し管にニヤリ…問題は一気に解決して車番も決まりました(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

と、言うことでTomix製のメタルインレタを貼り…

クリックすると元のサイズで表示します

車両保管用の薄紙でカーテンを表現し、完成しました!

僅かな期間だけ『あかつき』に使用され、東京発着以外のブルトレに運用されたルーメットを楽しもうと思います。


これで、安心してEF67に手が出せる…(糞爆)

2021/10/22

ルーメット・・・1  工作室から

それは、ある日突然やって来た…

ご予約の商品の発売日が確定しました…

と…

そうだ、3月に頼んでたアレだ…

クリックすると元のサイズで表示します

来た…

クリックすると元のサイズで表示します

トラムウェイのナロネ22

20系客車は、KATOから発売されて久しいのですが、個室寝台車と座席車は、トラムウェイに頼らざる得ません…

突っ込みどころ満載ですが、素材として活用しようと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

キハ23もそうでしたが、何故に背もたれが窓から飛び出る…?

そして、左側の個室寝台は1箇所だけ、夜の姿になってます。
これ、VC図面でそう描かれているので、何ら迷いが無く設計したようですね(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

KATO製のカプラーを嵌めれるようになってますが、実際に嵌めると台車が回転しません(汗)

クリックすると元のサイズで表示します

車高は微妙に違う…かな?

クリックすると元のサイズで表示します

屋根色は、一目瞭然!

クリックすると元のサイズで表示します

車体は一体成形なんで、雨樋の塗り分けが必要ですね。


屋根の塗装と、車体全体にクリアーを吹いて光沢を出せば、違和感が少なくなるのではと思ってます。

僅かな期間だけ『あかつき号』に連結された姿が楽しめるかな?

それとも、共通運用だった『はやぶさ号』にしちゃおうかな?


EF65Pはいないけど…(涙)



2021/10/17

特別急行列車富士号デビュー!  廊下から

緊急事態宣言が開け、約4ヶ月ぶりに友の会の運転会が開催されました!

今回の例会では、久々の新作(?)特別急行列車富士号を持って参戦しました。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

最初の牽引機は、大先輩の遺品でもある天賞堂製EF55でした。

最初は複数の車両で脱線が続きましたが、暫くしたら収まってしまい、結局原因は分らないまま…でしたが、スニ36500については、久々に参加したFおぢさんの指摘で初歩的なミス…センターピンのバネの強すぎで台車の追従性が欠如していました。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、EF55の次には、呉生まれさまからお借りしている、天賞堂製C53が牽引。
こちらは、バッチリ整備されているので、何らストレスを受けること無く、快調に走りました。

今回は競作発表会もあり、多くの車両達が目を楽しませてくれましたが、こちらの方は友の会のブログを見て頂くとして…(汗)


久々に仲間が集まって、多くの刺激を受けました…

クリックすると元のサイズで表示します

コレ、刺激強すぎです(爆)

既に完成させた、しみじろうさま、なかのひがしさま、加工途中のセノハチさまから、色々ご指南を頂き、俄然ヤル気が起きました!

次に作る車両は、EF67に決定です!

EF58はどうする…(謎)

参加された皆さん、お疲れ様でした!

2021/10/16

特別列車列車富士号を作る・・・19  工作室から

購入から足かけ4年、特別急行列車富士号がや〜っと完成しました!

まぁ、正確に言うと

色塗って走らせられる状態

なんですが(汗)

毎日、会社から帰宅後にチマチマと窓ガラスを貼った甲斐があり、何とか運転会に間に合いました!!

クリックすると元のサイズで表示します
スユ36000

実車写真を見ながら、昭和4年以降の標記としましたが、「郵〒便」のインレタが微妙に違うのは、ココだけの秘密…

クリックすると元のサイズで表示します
スニ36500

保護棒は間に合いません…追々と貼るつもり。

クリックすると元のサイズで表示します
カニ39550“風”

富士号で、一番最初に購入した車両…スニの発売が判っていたら…(息)

クリックすると元のサイズで表示します
マロネ37355(3号車)

クリックすると元のサイズで表示します
マロネ37356(4号車)

クリックすると元のサイズで表示します
マロネ37357(5号車)

当初2両の購入でしたが、欲が出てつい増結車が…(汗)

クリックすると元のサイズで表示します
スロ30750

唯一の2等座席車

クリックすると元のサイズで表示します
スシ37740

以前作ったスシ28を改番したのですが、今になって付番間違いに気付いた(激汗)

これで、富士号は一旦終了とします。
まだ終わってない、荷物車の保護棒や客室内は追々…


さぁ、明日はガンガン走らせるぞ〜!
タグ: Maxモデル

2021/10/11

特別急行列車富士号を作る・・・18  工作室から

来週は、緊急事態宣言開けの運転会開催となります。

特別急行列車富士号も、購入から4年越しの完成に向けラストスパート!
運転会デビューに向け、二等車だけでなく、郵便車と荷物車、再整備の食堂車と一気に塗装を進めました。

クリックすると元のサイズで表示します

食堂車以外は、未塗装なので仮組みした車体を分解します。

塗装は以下の順番で進めました。

@手摺り類へ、メタルプライマー塗装
A仕切り等へ、ねずみ1号を塗装
B屋根板裏側へ、クリーム1号を塗装
C車内へ、黄かん色を薄く塗装
D屋根へ、ダークグレーを塗装
E床板へ、黒色を塗装

これで、休日1日目終わりました…
2日目は、車窓の裏側をマスキングして車体の塗装を行ないます。

@車体へ、等級帯(青色)を塗装
A等級帯をマスキング
B車体へ、ぶどう1号を塗装

クリックすると元のサイズで表示します

ここまで来たら、既に夕方近く…
ドキドキしながら、等級帯のマスキングテープを剥ぎます…

クリックすると元のサイズで表示します

やった! 吹き込みが無い!

クリックすると元のサイズで表示します

二等車4両共に吹き込みはありませんでした!(歓喜)

しかし、喜びもつかの間…

クリックすると元のサイズで表示します

等級帯の青色…こんなに残った(汗)
戦前と戦後とでは、色調が違うので、使い道がありません…どうしよ?

クリックすると元のサイズで表示します

頑張って、老眼と戦いながらインレタを貼って、クリアー吹いて仕上げました。

残すは、窓ガラスの貼り付けとウェザリング…

ゴールが見えた!
タグ: Maxモデル



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ