中年オヂさんの、呟き転じて人生備忘録となる・・・      なお、画像の無断転用はお断りします。

2021/7/27

特別急行列車富士号を作る・・・11  工作室から

Maxモデルの客車作りが動き出してきました。

夏闘満額回答を頂き、水を得た魚の如く(?)債権を清算し、不足していたパーツを揃えました。

クリックすると元のサイズで表示します

赤い電車の隣からやって来たのは・・・

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

KATOナックルの、漢買い!(爆)

予備品も含め、一気に20両分購入しました。
でも、どう見ても多いですよね・・・?

クリックすると元のサイズで表示します

ハイ! こうなります。
これで、1個あたり192.5円です。

何時も購入するウチの標準品Kadee#5だと、1個あたり198円なんで、送料を考えなければ少し割安になります。

今回は端梁の加工の手間を考えて、敢えてKATOナックルを採用し大量購入しました。

票差しの接着方法も思い出したし、来週あたりから塗装には入れる・・・かな?
タグ: Maxモデル

2021/7/25

5年振りの・・・  泥沼より

4連休最終日・・・コロナ野郎第5波襲来が叫ばれる中、負債の清算に出掛けて参りました。

今年一番となるお買い物・・・それは、

クリックすると元のサイズで表示します

久しぶりに再生産された、TomixのDF50。

アタシの記憶が確かなら、2回目の再生産。
初回ロットを喜んで買いましたが、車体スカでメーカー交換をしたら、足回りが中古品になって帰ってきた、いわく付きの製品でした。

クリックすると元のサイズで表示します

その初回ロットも、数年の熟成を経て、四国型となって、もう10年・・・

クリックすると元のサイズで表示します

四国型の重連運用も捨てがたいのですが、二度と作れない(作りたくない・・・?)ので、アタシが幼少の頃に慣れ親しんだ、米子車とするための購入でした。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、わざわざ購入したくなったのはこの本のせい・・・(笑)
色々読んでいると、新製以来米子から離れることのなかった車両が7両いるとの事で、番号を調べてみると526号機が・・・

アタシが初めてカメラで撮影した列車は、昭和53年10月に運転された『さよならDF50』となった、831列車(豊岡発門司行)でした。この日の米子〜浜田間を牽引したのが、507号機と526号機の重連でした。
写真そのものはヘタクソでしたが、今となっては良き思い出・・・その牽引機は2両とも米子生え抜き車で、今回526号機にしちゃおうと思ったわけです。

因みにサヨナラ列車を牽引したDF50重連は、翌日の822列車(長門市発豊岡行)を牽引して米子へ戻ったのを実見してますから、本当に最後の運用で先頭に立ったのが526号機だったようです。

クリックすると元のサイズで表示します

因みに507号機は、約30年前に天賞堂旧製品をレストアして製作しています。やっぱり旧製品ですから、今の製品と比べると不満な点も一杯・・・

置き換えの対象です(汗) どうするかは、これから・・・


で、何処が5年振りかって?

新品の機関車を買ったのが5年振りってこと・・・(滝汗)




2021/7/23

特別急行富士号を作る・・・10  工作室から

国の陰謀による4連休・・・ビビりのアタシは特に外出もせず、工作を進めました。

先週の例会で、呉生まれさまの戦前特急『燕』(風)に触発されて、絶賛熟成中だった特別急行列車『富士』号の整備を行ないました。

クリックすると元のサイズで表示します

ノーブルジョーカー様の運転会にお招き頂いた際、工房ひろのオーナー“こねこ”さまに、直接頂いた後部標識を取付けました・・・今年の正月明けに(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

円盤は塗装後に付けます。


さて、連休に入ってまず始めたのは、マロネ37350の製作・・・

と、言うか欲が出て、2等寝台車を増結した編成を再現するために、キットを購入していました。

クリックすると元のサイズで表示します

急行雲仙号のマロネ29の車体を流用し、屋根と床板を交換しました。

クリックすると元のサイズで表示します

屋根はストーン調塗料。

クリックすると元のサイズで表示します

旧型蓄電池箱・・・

これで、2等寝台車は完了。

クリックすると元のサイズで表示します

続いて、1等寝台車マイネフ37230

クリックすると元のサイズで表示します

足止めされた原因、唯一出来ていなかった区分室の仕切りを作りました。

t0.5のプラ板に窓を開け、エバーグリーンのプラ棒を接着し立体感を表現しました。

クリックすると元のサイズで表示します

既に取付けていた仕切り板と接着して、区分室の完成です。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

塗装前ですが、窓から見えるチラリズムに期待してます!(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

スシ37750は、最初に作ったスシ28を再整備。

クリックすると元のサイズで表示します

さぁ、票差しを貼ったら順次塗装開始!

でも、どうやって票差し貼ったか思い出せん・・・(涙)

2021/7/18

模型を楽しむ  廊下から

今日は、模型友の会の運転会でした。
コロナ野郎のせいで、色々楽しみがなくなっていますが、この楽しみはちょっとだけ継続できています。

さて、今回のお題は

過去の栄光

と言うことで、アタシはこんな車両で参戦しました。

クリックすると元のサイズで表示します

EF58と言えば、旅客用電機の栄光の花道を通ってきた車両ではないでしょうか?
登場時は散々でしたが・・・

で、数年ぶりに開けた箱の中から・・・

クリックすると元のサイズで表示します

あ〜っ!

ずっと探して見つからず、結局もう1個買ってしまったパーツ発見・・・
で、今はあとから買ったパーツが行方不明(滝汗)

クリックすると元のサイズで表示します

機関車に続く客車は、青大将の特急つばめ号!

クリックすると元のサイズで表示します

マイテ39もエェなぁ(息)

クリックすると元のサイズで表示します

そして、久々に参戦された呉生まれさまの、客車特急に刺激を一杯貰って・・・
ウチも早く作らなくっちゃ!

で、先日来進めていた旧国もお披露目しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クモハ12052鶴見線仕様

純正のパーツでお気楽に・・・イィんです。楽しめれば・・・
拘りすぎて完成しないより、たのしめたらそれでイィんです。

クリックすると元のサイズで表示します

余ったパーツを使って、下河原線のクモハ40を作ってみました。

イィんです! 1両で楽しめれば・・・(笑)


今回も、まったりとしながら楽しむことが出来ました。

また、次回もみんなで楽しめるといいな・・・

2021/7/11

まわれ右!   工作室から

先日、しみじろう諜報員から・・・

『こんなん出るよ!』

と、謎の打電(汗)

あんな電車がプラ製品で出るなんて・・・

1両で楽しめる電車って良いよね(笑)


さて、1両でで楽しめる電車でウキウキしてたら、無性に触りたくなったんで・・・

クリックすると元のサイズで表示します

KATO製クモハ12

クリックすると元のサイズで表示します

気力の衰えから、拘りを捨て(?)こんなパーツも揃えてました。

が!

穴開け途中で、虎の子だった0.5キリが折れてしまい、急遽街へ向かうために行程変更・・・

クリックすると元のサイズで表示します

パンタに、プラサフを吹いて帰宅後に缶スプレーで黒く塗装しました。

乾燥するまでの間、運転免許証の更新に行って、帰宅したらパーツの取付・・・

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

サボは後から印刷する必要がありますが、購入から4年目にして完成と相成りました。

今度、西のワムハチさまのモジュールに、犯して・・・置かして貰おっと(爆)




さてさて、17m級電車と言えば、福塩線シリーズなんてのもありましたが、あるきっかけから鶴見線に方針転換!

福塩線のクハ16302に改造途中だった車体の復元作業を実は始めてました!(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

折角削った窓枠は、プラ板で塞いで・・・

クリックすると元のサイズで表示します

下穴開けて・・・

クリックすると元のサイズで表示します

くり抜いて整形して元に戻しました!(爆)

クリックすると元のサイズで表示します

妻面も勢いで埋めて・・・

クリックすると元のサイズで表示します

やったった!(糞爆)

あとは、パテで埋めたところをシコシコ削るだけ・・・っかな?

クリックすると元のサイズで表示します

一方、クモハ11は未だ足踏み状態・・・
周りで電車作りが流行ってるんで、アタシも負けじと電車作り復活・・・するはず?


クリックすると元のサイズで表示します

で、どうする? コレ・・・(滝汗)




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ