2007/10/13

経過は上々  オーケストラ

■今夜はオケの練習。本番の指揮者をお迎えしてのtuttiでした。まずはベト7の1楽章。自宅での練習の甲斐あって、ハイトーンが響くようになってきました。しかし、まだまだ重心が浮いている感じで不満の残る内容特に終盤はブレスがなかなかとれないので、息が足りず、音が軽くなってしまいます…どうしたらいいんでしょうね。作戦を考えないといけません。続いて、ラプソディ・イン・ブルー。こちらは結構出来が良い大半はフレンチっぽく、しかし、部分的に、ちゃんとウィーン訛りを取り入れてます(笑)フラッターするハイトーンは爆裂しますよ最後に、ブラ1の4楽章。

ウィンナホルンで吹くブラームスは最高!

ですね。楽しすぎます調子乗りすぎて、fなのにffで吹いてしまい、指揮者に目で抑制させられました。耳の奥でバーンスタイン&WPhがいつも流れているもので…。

今夜は、かなり楽器が鳴るようになってきていると感じました。上々の経過です。徳島国文祭まで、あと3週間。気持ちを入れて頑張ります
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ