明治学院大学体育会少林寺拳法部のブログです。
活動風景や部員の日常生活を楽しんでいって下さいね♪
ゆるキャラと部員紹介  

筆者はゆるキャラと言うジャンルが好きである。

各々の地方の特色を着ぐるみと言う形に昇華させて、それを観光・街の活性化に繋げようという試みは極めて斬新であり、ひこにゃんなどはその成功の具体例と言えるだろう。

また一歩間違えれば取り返しのつかない絶妙なデザインをしているキャラクターもいて興味は尽きない。

今回はそんな私のお勧めゆるキャラを紹介したい。


レルヒさん
クリックすると元のサイズで表示します

270cmの黄色いおっさん、新潟スキー場から爆誕。

私が好きなゆるキャラに共通していることはどいつもこいつも
目がイッちゃってるということに尽きる。

こんなことを書くと地域振興会に消されるかもしれないのだが、シ○プソンズやサ○スパークを彷彿とさせる底知れぬ狂気性を私達に感じさせてくれる。

そういう意味でレルヒさんのデザインセンスはまさに可愛さとキモさのスキマ産業、極限までぎりぎりのツボを突いた、現代美術の美しさがそこにはあるのではないのだろうかと個人的には思っている。

レルヒ少佐も草葉の陰で喜んでいることだろう。でもこんなのに夜道で遭遇したら泣く。


夕張夫妻



広告代理業の妙を感じさせてくれるゆるキャラである。

夕張市の自虐ネタから生まれ、実際に夕張に行った知人曰く観光店などではこの曲が一日中流れているそうである。

ちなみに夕張夫妻はカンヌ国際広告祭のグランプリを受賞している。頑張って!





・・・そして明治学院大学少林寺拳法部の新星ゆるキャラと言えば齋藤俊、彼しかいない。許せ本条!
齋藤俊(法・法)
クリックすると元のサイズで表示します


はだねんれい5さいの若い彼が同期内で尤も年上だという事実は筆者にとって2009年度ショックだった出来事ナンバー4に該当する。
こんな顔立ちをしている青年が一年生の時すでに合コン経験済みという話を聞いて
「こいつには到底勝てねぇ・・・」と思ったものである。

それほど若く時には幼く見られてしまう彼だが実はかなりのタフガイでめんどくせーといいつつ部活動を淡々とこなしている。

また彼は私と同じ左利きの彼だが私と違って字が汚くない。どういうことだ!

ガンダムに関しては達人の域で個々人がなにかしら脛に傷をもっている得意分野を持っている同期内においても話題は事欠かない。

今度彼と会ったら旧ザクのモノアイについて聞いてみよう。ニコニコ笑顔で答えてくれるはずだ。

そんな彼だが公務員を目指して邁進中である。同じく公務員志望の尾形と二人で
是非合格して、日本の今の政治に内側から一石を投じてほしいと願ってやまない。頑張ってくれ!

失礼します。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ