気ままにミシガン生活

 「なんちゃって国際結婚」しミシガンに移住した私たちが引っ越した先は…
上海! 
小学生の坊とお気楽ママの、相変わらず静かでのんびりした新生活の記録です。

 
上海生活 始めました☆

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

アクセス

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Cocoon-mom
ユキさん
屋根ではないのですが…
家の周りの私道(の下)に電熱線を埋め込み雪を溶かしている、と聞いたことがあります。
もちろん、電気代を気にしないお金持ちの方々です。
投稿者:Cocoon-mom
 ユキさん、こんにちは☆
そうです。現実は雪との格闘なのです!(そんなに力まなくても良いことですが・・・。第一私は基本的にぬくぬく、のうのうとしています・笑)
私のふるさとの雪はベタ雪で屋根に積もると重みで屋根が落ちてしまうので、勇敢な男達が屋根に上り雪下ろしをしていました。 それが嫌なら屋根に傾斜をつけて自然に落ちるよう設計するとか。 燃料で溶かすのは、相当の雪国ですね。 
ミシガンの雪はパウダースノーで重くはありません。 よほどのことがない限り屋根が抜けることはないので、放ってあります。
そうそう、こちらでは屋根を見ると家の価値が判るって言うんですよ。
断熱材を充分に使った家はセントラルヒーティングの熱が放出されないので屋根に雪が残ります。 でも、天井裏の断熱材をケチった家は熱が屋根に逃げて雪を溶かすので、屋根に雪が残りません。 冬、屋根に白く雪が残っているお宅は、家の中も暖かい価値ある家なのです。
投稿者:ユキ
雪に閉ざされて、家でぬくぬく暮らすのが
私の理想なんですが、
やっぱり現実は雪と格闘しなきゃならないんですね・・・
屋根の雪おろしには何か装置があるんですか?
日本に灯油燃料で溶かすシステムがあると聞いたんですけど
そういうものは雪国では普通なんでしょうか?
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ