2009/7/13

小旅行☆〜1日目: アルボワとブザンソン編〜  旅行

次の火曜日は革命記念日でお休みです。
そのおかげ?で主人の会社は月曜日もお休みになりました。
ということで
  「どこか近場に旅行行こうか。。。」
という主人の提案に
  「じゃあ、お隣のフランシュ・コンテ地方に行ってみよう♪」
となり、
  「その地方には黄色ワインがあるらしいよ。でもカーブは日曜日・月曜日は
   開いてるか分かんないから土日に行こう♪火曜日は間違い無しに開いてなさそうだし。」

  「よしじゃあ、土曜日にカーブに行って、日曜日はその他の近場の町に寄って帰ってこよう。」

に決定し、行ってきましたぁ〜〜〜♪
まずは黄色ワインの産地アルボワという小さな町へ。。。
クリックすると元のサイズで表示します
↑町の中心には翌日行われる革命記念日の為の?カーニバル用飾り付けがされてました。
クリックすると元のサイズで表示します
↑教会です。周りには鮮やかな花が飾られ、秋冬に見る景色よりやっぱり今の季節に見る景色の方が素敵です。フランスはどこの小さな町でもこうやって花を絶対に飾ってます!最高ですね♪美しいです♪
花を入れて写真を撮りたかったので下からのアングルになりました。まぁまぁかな☆
クリックすると元のサイズで表示します
↑で、これが黄ワイン。とっても独特な味わいで、シェリーに似た味と旅行の本にも書かれてました。
がしかし!!!これが高い!生産数が限られているからか、すんごい高いです!
これは一番小さいボトル。「お試しサイズ」って感じです。が、17ユーロしますぅ!!!!!
他のお店にはこのサイズは置いてありませんでした。ここのお店だけの特別なサイズなんだと思います。
見た目はウィスキーみたいでしょ?ワインなんです。
大体28〜35ユーロ/瓶してました。。。。恐。

その後ホテルを予約してあるブサンソンという町へ。この町はフランシュ・コンテ地方で一番大きいかな。
毎年9月に国際音楽祭が行われるようで、この町の名はその音楽祭で一躍世界に広まったそうです。
過去にはなんと日本が誇る指揮者、小沢征爾さんがここの指揮者コンクールで金的を射止めたそうですっ!(地球の歩き方参考)
ぜひまた9月のその音楽祭に行ってみたいです!!!そのためには今からいろいろ情報収集しなくては!
ブザンソンに着いてホテルでチェックインを終えたら夕食へ。。。
クリックすると元のサイズで表示します
↑センター街のレストランへ。
なかなかレストランが見付けられないmidori達。。。
やっとの思いで見付けたレストランでシーフードサラダを前菜に注文♪
う、、、、うまいっ!!!この中央に乗っているのはレモンのコンフィ。
甘すぎず、ほのかに酸味も残ってるのがすんごい美味しい。
ドレッシングがこれまたいい!あっさり目のオイルで軽いけどしっかりしている!
サーモンも申し分無い。量も多い位。。。
ぜひまた食べたい!!!
サラダ好きのmidoriには前菜ではなくメインで大きくガッツリいきたいものだ!
もちろんメインサイズもありました☆次回はぜひ!!!
クリックすると元のサイズで表示します
↑メインはラムステーキ。
アニョ〜(羊の肉)最高!フランスでお肉を食べるのならmidoriは羊をお薦めします。
日本ではあまり食べた事は無いものの、よく「臭い」とか言われますよね?
そんなの全くないし、味が有り美味しいですよ!
今回食べたこのステーキ、、、すごい柔らかくてハーブもよく合ってて、ソースも良かった!
付け合わせはラタトゥーユとポテトです。
ポテト・・・コーンみたい。オシャレなんでしょうか。。。でも少し食べにくいかなw
そして夕食を終えホテルに帰る道なりに沢山のレストランを見付けてしまうmidori達。。。汗。
でも入ったレストランは当たりだったからいいかな♪

とまぁ〜1日目が終了です。
2日目はブサンソンから→ロンシャン→バカラ→ストラスという流れです。
ではまた次回に♪♪♪


0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ