2009/7/15

小旅行☆〜2日目:ロンシャンとバカラ 編〜  旅行

さてさて2日目です。
ホテルをチェックアウトし、向かうはこれまた小さな町「ロンシャン」です。
ここへ行く目的は教会を訪れることです。
今までにフランスのいくつかの教会を見てきましたが、ぶっちゃけどれも似てます。
特に大きな町のものは特に。小さな町のものは内装が変わっていたりします。
でもロンシャンのはちょっとひと味違う。なぜならとってもモダンな造りになっているんです。
小高い丘の上に建つ小さなモダンな白い教会。なぜか分からないけど惹き付けられます。
久しぶりにこんなモダンな建物を見たせいかな。。。ww
クリックすると元のサイズで表示します
↑ロンシャン教会 ノートルダム・デュ・オーです。
でもこの教会に行くのに、ロンシャンの町を一旦出ないといけないんです。。。
なので「ええ?町を出ちゃったよ?!本当にこの道でいいの?」とか不安にさせられました。。。
あ!!!旅行の本には入場料2ユーロとありましたが、値上がりしてた!1人5ユーロです。。。
クリックすると元のサイズで表示します
↑そして次の町「バカラ」へ。
そうあの世界的に有名なクリスタルのバカラです。
クリックすると元のサイズで表示します
↑当たり前の様にバカラ美術館があります。入場料2ユーロ。館内カメラ撮影禁止。
見た目は大きな建物ですが、2階フロアはなく1階の半分くらいのみです。
でも館内奥でバカラのクリスタルの製造風景ビデオを上映しています。
すばらしい職人芸でした☆

バカラ美術館に入ったら忘れずにすぐ近くの教会へ行きましょう。ここも入場料はいるけど、先に入った美術館のチケットを持っていればそれで入れます。
midori夫婦が1番のりだったので、係員のお姉さんが入り口の鍵を開ける為に一緒に教会まで来てくれました。このお姉さん、とっても感じのいい人で、midoriが「この教会の中には何が有るの?」と入り口前で聞いたら「知らないのね、じゃあ、ちょっと待ってて♪」というので入り口扉前で待ってたら、「いいわよ!♪」
と扉をバァッと開けてくれた。midori「わぁぁぁ〜!♪」
中には3メートルのバカラシャンデリア!!!そして左右にはきらびやかなバカラ骨董品が!!!
真っ暗だったであろう教会内のシャンデリアに灯がともり、微量の教会内照明が骨董品を一層美しくみせてます。ホフゥ〜ッとため息が出ますよ。
では写真↓↓
クリックすると元のサイズで表示します
教会内も写真撮影は禁止かと思い係員のお姉さんに聞いたらお姉さん「・・・そうねぇ。今ならいいわよ!」と♪教会入り口にも確か禁止の表示は無かったはず。。でもやっぱり礼儀正しき日本人、ちゃんと許可取りましょう。どうやらこのシャンデリア、日本にも来ているみたいね。日本のいろんな人のブログに写真も載ってました。なので今回midoriもupしました。

教会を出るとアララ・・・雨。。。時間も夕食にはまだまだ早く、もう寄りたい町も見付けられなかったのでストラスブールへ帰ることにしました。
これで今回の小旅行は終わり♪
土日旅行もなかなかいいですね!また近場でいい所を探して行きたいです。
どこかいい所があったらどなたか教えてくださーい。




1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ