2008/1/12

日常〜♪  生活

今回は普段の生活を少し。。。
私の住むアパルトマンから徒歩5分ほどに「coop」というスーパーがあります。そこではいつもお肉や野菜、パスタや調味料などなどを買います。品揃えはどうかなぁ、、、普通です。私には十分です。でも魚はありません。冷凍のサーモンなどは置いてあります。サラダ用なども。魚は火曜日と土曜日の午前中の週2回、近くにマルシェ(市場)がでるのでそこで買います。
野菜はだいたいあります。ネギ(激太)・じゃがいも・茄子・白菜などなど。野菜で「美味しくない!!」と思ったのはキャベツ。キャベツに限らずこちらの葉もの(レタス以外)はみんな固め。でもキャベツは別格!
日本から持ってきたクックドゥーのホイコウロウを作って食べたときなんか、「え?火、通ってないの???」と思うくらい。もちろんちゃんと炒めてます
私、野菜が好きで中でもキャベツが大好きだったのに。。。残念です(泣)千切りにしたらー、と思ってしてみても無駄。湯通しするといいかも。でも面倒だなぁ〜。日本のキャベツが恋しいです
あとはお肉。こっちで初めてハンバーグを作った時「ん?パサパサ、、、」でした。何故かというと脂身がすごく少ないからだと思います。日本ではひき肉(合挽き)をこねると少し白っぽくなりますよね。こっちのはいくらこねてもならない。なので、我が家でハンバーグを作る時は「豚肉」のみで作る事にしています。その方がまだ柔らかいので
お肉を買う時は日本のスーパーと同じで「お肉屋さん」があり、そこで「○○を△グラムと○○を2枚くださいな。あと、豚肉のひき肉を△グラムくださいな。」と頼み、店員さんが注文通りに袋に入れてくれて、それを受け取り他の物と一緒にレジへ。。。という流れです。
ひき肉はケースには無く、注文してから挽いてくれます。
この間「鳥のひき肉をください。できたらー。。。」って言ったら はぁ?! という感じで「無理ね、だって骨が付いてるし、、、」と若い女の子の店員に断られてしまいました
駄目もとでしたが悲しかったです。あ、そうだ。鶏肉はささみは日本と同じ形で売ってますが、もも肉は違います。骨付き。クリスマスに食べるチキンの形です。それを買って、自分で骨をとってます。大変なんです、これが。
大型スーパーには骨無しがあるかも知れませんが、毎回行けないし、日本と違ってなんだか買い置き(冷凍)は避けたい気分ですので(たまにお肉の真ん中が黒っぽくなっているのとかあるしね)。
日本の調味料などはアジアン食材屋さんで買います。中国系の方々がやってらっしゃいます。2軒あって、そこではニラ・もやし・里芋・れんこん(冷凍)・醤油など主な日本調味料・お米・豆腐などが買えます。助かります☆
日本にいた時はちょうどニュースで「中国野菜は制限以上の農薬を使っている!」などのニュースがあり、みんなスーパーでは国産の物を選んで買っている人が多かったなぁ〜。
そんなことはこっちでは言ってられない!っていうか言えない?どこ産だろうがそれしかないのよ、それを料理に使いたいなら買うしか無い!帰国するときには意外と体が強くなっているかもね〜♪
でも、どこ産かは知りませんが里芋は美味しかったですよ♪あと、ニラを久しぶりに食べた時はとっても幸福な気分でした
こうやって食習慣の違いを実感しながら買い物していますが、慣れてくるとこれが普通に思えてしまうのが不思議こっちに溶け込んできたといういい兆候かな?

↑「coop」です。入り口にいつも同じ男の人が立っていて、優しく挨拶してくれ、帰りはドアを開けてくれます。が!この人、おばあさんや荷物の多い人や赤ちゃんを連れてて荷物を運ぶのに不自由な人を見つけるとすかさず近寄り、手伝ってあげお礼(お金)を貰う為に居る人。。。ここのスーパーの人かと思っていた。。。甘かった。いったい1日いくらの稼ぎになるんだろうか。
クリックすると元のサイズで表示します
↑我が家の「豚肉だけバーグ」☆付け合わせはポテト、インゲン、ピーマンの炒めたものに人参。スパゲティサラダにコンソメスープにご飯。以上!とある日の夕飯でした♪



0



2008/1/15  9:51

投稿者:リバ

とある夕食、美味しそう!!!
midoriちゃん料理上手だね〜♪ しかもバランスとれた食事って感じ、素敵な奥さんだわぁぁぁ。

でもお買い物も中々大変だね。。。まぁ日本人だから日本のスーパーとかにしか行ったこと無いけど、結構色んな国の食材やら調味料が安易に買えるよね、グルメだね、日本人は..+'(◕ฺ∀◕ฺ)..+* 

でも市場とかに行ってフランス語を喋り購入してるなんて素敵!!! midoriちゃんやるね〜! こっち帰ってきたらプチフランス語講座してね〜♪


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ