松島みき子のかんこ便り

松島みき子のつれづれ日記

 
松島みき子 1962年生まれ。管理栄養士として夫の転勤とともに病院、企業勤務(熊本、名古屋、大阪、京都に居住)ののち茅ヶ崎市へ移り住み、茅ヶ崎小学校の学校給食栄養士から始めて、神奈川県立茅ヶ崎高校、高浜高校、長後高校で家庭科非常勤講師を経験。2003年4月〜2018年12月まで茅ヶ崎市議会議員(無所属)。 「食べ物から政治を考えよう。」と訴えて初当選。 @食べ物の自給率を高めることは緑の保全につながる A食べ物からの医療費の削減 B子どもの教育も食べ物から C食べ物からのごみの削減 D食べ物からの平和の実現  「食事には栄養だけではなく文化も平和も政治も載っている。」が持論。 趣味:茶道とセーリング。 ★栄養相談もお受けいたします。 ★メールなどでお気軽にご連絡ください。

カレンダー

2021年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:かんこ
コメントありがとうございます。
今はまさに引き算の政治の時代です。
ただ、財政難で民間活力とか市民との協働という言葉で市民は無料で汗をかき、職員は給与をもらいながら・・・と言う場面もあり、
そのあたりの調整とか意識の共有など難しいし時代でもあり、過渡期でもあると感じています。
投稿者:月光浴
引き算の政治を今まで地方自治体などで、行なう事が大切だと思います。多額の借金を作ってきたのは、足し算で自治を進めてきた証拠だと思います。料理で言えば、石の芋に調味料を大量にぶっかけているのと同じです。
 本来政治は地元の持っている力を可能な限り引き出すのが本来のやり方です。税金もその方向に使うべきだと思います。
 地元の人の野菜も本当に大歓迎です。政治は政治家だけがやるものでもありません。僕の勝手な考えかもしれませんが政治の中心地は、台所だと思います。

http://sky.ap.teacup.com/bluelight
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ