松島みき子のかんこ便り

松島みき子のつれづれ日記

 
松島みき子 1962年生まれ。管理栄養士として夫の転勤とともに病院、企業勤務(熊本、名古屋、大阪、京都に居住)ののち茅ヶ崎市へ移り住み、茅ヶ崎小学校の学校給食栄養士から始めて、神奈川県立茅ヶ崎高校、高浜高校、長後高校で家庭科非常勤講師を経験。2003年4月〜2018年12月まで茅ヶ崎市議会議員(無所属)。 「食べ物から政治を考えよう。」と訴えて初当選。 @食べ物の自給率を高めることは緑の保全につながる A食べ物からの医療費の削減 B子どもの教育も食べ物から C食べ物からのごみの削減 D食べ物からの平和の実現  「食事には栄養だけではなく文化も平和も政治も載っている。」が持論。 趣味:茶道とセーリング。 ★栄養相談もお受けいたします。 ★メールなどでお気軽にご連絡ください。

カレンダー

2022年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去ログ

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:かんこ
泥にゃんこちゃん、
コメントありがとうございます。
「法律違反は絶対に見過ごさない。」
「行政の一番の仕事は市民の生命と財産を守ること」を徹底して欲しいですね。
頑張ります〜。
応援してくださいね。
投稿者:泥にゃんこ
「まちづくり」と云っても色々あるようですけど、最近まちにクレーンが立ってバンバン・ガタガタとうるさいのは、マンションだにゃ。

うちのご主人いわく、建物の開発・設計は、大きく土を削ったり盛ったり、形を変えるときは「開発許可」を、建物には「確認制度」で、法律に合っているかどうか「許可」したり「確認」するんだと。

そこで最近法の抜け道やその解釈で想定外の計画が事業者から出るんだそうだ。その計画に疑問を持っても、役所のおじさんたちは、「行き過ぎた行政指導・判断」として訴えられちゃうのを恐れて、すぐ許可しちゃうようだ。見方を変えると業者のおじさんたちが仕事しやすいようにするのが、役所のサービスみたいになってるようだと、ご主人はぼやいてるにゃ。

ここ10年で、建築の法規が規制緩和の大義で相当ゆるゆるになったみたい。開発がいっぱいできるよう、政治の力のようだにゃ。

地元に住んでいる人の環境なんぞ無視して、開発業者側の視点で役所のおじさんたちが、違法と云えないから、許可するってゆうのが多いんだそうだ。

先日、うちの近くで、市が開発変更許可の手続きの違反を見過ごして、いよいよその変更工事をやるみたいじゃ。市に問いただしたら、「それを云われるとそう(違反)なんだけど...」でも、「事前に相談あって対面部局には手続きはしたから、(開発許可変更としての手続きは)いいんだよ」との身勝手な市の解釈。

さすがにご主人も「呆れたよ」「行政の崩壊」だなと、この田舎茅ヶ崎の行く末を案じてたにゃ。

他の議員で、「数の論理から云って、この話は無駄」とぼやく、腑抜けが多いことに、びっくりしたと。この市には、かんこさんのように、市に対して「NO」といえる姿勢の人は絶対必要ですね。是非とも頑張って貰いたいとおもいます。
投稿者:有権者
かんこ議員の経験からもわかるように
教職という粋と民間の温度差
地方公務員という枠と民間の温度差

結局はこれなのではないのでしょうか?
でもこの温度差を見過ごしているのでは
良くなるものもならないのではないのかなと
思います.

最終的には
首長が大鉈をふれるかふれないかだと
思いますけど・・・

今回の首長の選挙は有力な対抗馬の
出馬がないようですね
どうにかならないものなのですかね?

投稿者:かんこ
追伸
相手が子どもなので、すぐに結果が出ない、首になることもない・・・唯一研修しなくても勤め続けることの出来る仕事です。・・・こんなこと書くと反感を買いますが、事実だと感じています。

教育は結果が出るまでに時間がかかります。だからこそ大切です。

良い先生も沢山いらっしゃいます。
投稿者:かんこ
有権者様
コメントありがとうございます。
今思いついたのですが、採用試験こそ公平な目で採用してくれる所に委託してもよいのかな?・・・それはそれで難しいかな。問題もあるし・・・。

私は神奈川に来てから初めて高校の家庭科の非常勤講師になりました。
そして、教員採用試験を初めて受けました。年齢的に4回受けることが出来たのですが、
最初の1回目はあまり勉強をしておらず一次で落ちました。2回から4回までの3回は一次試験に受かり、個人面接まで行きました。
面接官に
「今まで企業や病院に勤められていたようですが、教員が他と違う所はどんな所だと思いますか?」と聞かれ・・・・大丈夫ですから思ったままを応えてくださいと言われ・・・
「給料の査定がないところ。」と、答えました。面接官はむっとしていました。
1回目でした。その後残り2回とも一次には受かりましたが落ちています。

最終的にはここ(議員)にたどり着くことになっていたのだと今は思っていますが・・・。

驚いたのは、2回めのときに受けた元高校校長先生で作成している教員採用試験のためのマニュアルです。購入しました。通信教育です。

それによると「教員が他と違うのは、唯一、研修が必要な仕事だということ。研修が必要な仕事は教員だけです。」と書いてあったことです。

私の夫だって日々勉強しながら、生きるか死ぬかの職場で生きています。
教員だけではありません。

1回目の面接の模範的な回答は
「教員は日々研修しながら勤めなくてはならないところが他と違うと感じています。」なんでしょうね。

長くなりました。
採用試験の件、調べてみます。
が、少し時間をください。よろしくお願いいたします。
投稿者:有権者
色々と考えられているようですが
もう1点お考えいただきたいことがあります.
それは茅ヶ崎市役所の職員の件です.

話に聞いたとこによりますと
年間での退職者数がかなり他の市町村に比べて多いときいたことがあります.
その辺りはどうなのでしょうか?

私自身が考えるにあたって
ひとつは採用試験そのものに問題があるのではないかと思います.

実はそのような問題点をさぐりたいと思い
職員採用試験を受けたことがあります.
1次の筆記を通過し2次の集団面接にいきました.
2度受け2度とも集団面接を受けました.
私自身が受けた印象なのですが
2次を通過する方の選考基準に
どう考えても今後職員になったとしても
改革をしようと考えている人間を通過させないようにしているのではないかと言う印象を
うけます.
また茅ヶ崎市のことをあまり知っている人間というのも取らないようにしているのでは
ないかという気がします

かんこ議員はどのようにお考えになりますか?
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ