松島みき子のかんこ便り

松島みき子のつれづれ日記

 
松島みき子 1962年生まれ。管理栄養士として夫の転勤とともに病院、企業勤務(熊本、名古屋、大阪、京都に居住)ののち茅ヶ崎市へ移り住み、茅ヶ崎小学校の学校給食栄養士から始めて、神奈川県立茅ヶ崎高校、高浜高校、長後高校で家庭科非常勤講師を経験。2003年4月〜2018年12月まで茅ヶ崎市議会議員(無所属)。 「食べ物から政治を考えよう。」と訴えて初当選。 @食べ物の自給率を高めることは緑の保全につながる A食べ物からの医療費の削減 B子どもの教育も食べ物から C食べ物からのごみの削減 D食べ物からの平和の実現  「食事には栄養だけではなく文化も平和も政治も載っている。」が持論。 趣味:茶道とセーリング。 ★栄養相談もお受けいたします。 ★メールなどでお気軽にご連絡ください。

カレンダー

2021年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:かんこ
有権者さま
追伸です。

考え方が違うから話をしない、議論もしないという慣習でしょうか・・・ありますが、私は悪しき慣習だと感じています。
考え方が違うから、話をしてみるべきだし、議論すべきです。そうしないと何も変わっていかないと思います。
そういう意味で服部市長とは議論したいと思っています。今のところ、次期も市長になる可能性が非常に高いわけですし・・。
しかし、今回は「服部市長を支える会」であり、議論をする会とか懇談会などほへは出席しても、支える会にまで
出席したのは行きすぎだったと思います。
アドバイスありがとうございました。
投稿者:かんこ
有権者さま
おはようございます。
コメントありがとうございます。
正直な所、出席するか否か迷いました。

出席すべきでなかったのかもしれません。
お言葉をよく受け止め、今後の行動をよく考えます。
ありがとうございます。
投稿者:有権者
ブログを読んでみると,またかんこ議員もコメント書かれていたように明らかに野党ですよね?
その考えの人が市長の新春の集いに参加というのは理解ができません
他の野党系に人達は誰もきていませんでしたよね?
野党なら野党らしく行動をするべきでは
ないのでしょうか?
公の場に出席するということを良く考えていただきたいと思います.
4月の選挙でどれだけ市民目線の立候補者が
いますか?
大半の立候補予定者は自分の余生の為に立候補するのではないのかと思わされるほどの
高齢の人間ばかりです.
その中でもかんこ議員はまだ若手,そして市民目線の人だと思っているので
あえて苦言を呈させていただきました.
貴方の政策は市民目線で素晴らしい
だからこそ野党でいくのなら野党らしく行動していただきたいです.
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ