松島みき子のかんこ便り

松島みき子のつれづれ日記

 
松島みき子 1962年生まれ。管理栄養士として夫の転勤とともに病院、企業勤務(熊本、名古屋、大阪、京都に居住)ののち茅ヶ崎市へ移り住み、茅ヶ崎小学校の学校給食栄養士から始めて、神奈川県立茅ヶ崎高校、高浜高校、長後高校で家庭科非常勤講師を経験。2003年4月〜2018年12月まで茅ヶ崎市議会議員(無所属)。 「食べ物から政治を考えよう。」と訴えて初当選。 @食べ物の自給率を高めることは緑の保全につながる A食べ物からの医療費の削減 B子どもの教育も食べ物から C食べ物からのごみの削減 D食べ物からの平和の実現  「食事には栄養だけではなく文化も平和も政治も載っている。」が持論。 趣味:茶道とセーリング。 ★栄養相談もお受けいたします。 ★メールなどでお気軽にご連絡ください。

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:松島みき子
LNさま

コメント、ありがとうございます!!今朝からtwitter始めました!!
フォローしてくださいね。
よろしくお願いいたします。
facebookも今夜にでも始めます!!
ありがとうございます。
投稿者:LN
すぐやった方がいいと思いますよ。アカウント作るのは簡単だし。
理由は二つ。
・選挙対策
twitterやFacebookまでは余裕がないと考えず、ブログ更新を伝えるため活用することもできます。
ソーシャル・メディア活用に正解はありませんから。
ブログ更新→twitterでお知らせ→同時にFacebookのニュース表示(連携ソフトがあり)でブログの認知度も上がるはず。
上に加えてタイムリーなつぶやきを入れる。たとえば「これから茅ヶ崎駅北口で演説します。議会報告も配る予定です」「議会報告会やってます。給食の話題で盛り上がってます。」等。プロセスの報告にもなるし、参加も期待できます。
ミニ政策も入れる。
支持者にFacebookの友達とtwitterでのフォローをお願いして、知り合いにさらに拡げてもらうと効果的。
ただしやってはいけないことはあります。
Facebookで見ず知らずの人に友達リクエスト(単純なマナー違反)、twitterでノイズ(無意味なつぶやき「今起きた」等)だらけのつぶやきをする等。
国会議員K氏はソーシャル・メディア活用はご熱心ですが、あまり上手いと思いません。
たとえば昨日「九州にいます。これから講演します」とありましたが、サボってないのね(笑)とわかる程度で、何の講演かわからないし、聞きに行けるわけでもないので、ほとんど無意味。たまに内容のあるつぶやきもありますが、そんな調子のが多いのでわずらわしく、フォローやめようかと思案中。

・政治の仕組みを変える政策研究
今晩もNHKでネット革命の番組やってましたが、新しい直接民主制の仕組みとして、ソーシャル・メディアはとてつもない可能性を持っていると思います。
もし、有権者からソーシャル・メディアについてどう思うかと聞かれて、「選挙が終わったら勉強します」では、入れたくなくなるでしょう。
ソーシャル・メディアの活用は政策として検討し、見解を公約または政策の中に盛り込むべきでは。
使ってみないで評論だけ見聞きしても本質は何もわからないでしょう。
ソーシャル・メディアは負の側面も多々ありますが、チュニジア、エジプトの例を見ると、民主化の突破口としてFacebookがいかに大きな役割を果たしたかがわかります。
ソーシャル・メディアの特性をふまえて、どのように行政の活性化、新たな市民の参画機会をつくるか研究することは今日の議員の大きな使命だと思います。
投稿者:松島みき子
Inさん

コメントありがとうございます。
Facebookとか、Twitterなどはやっていないのです。
人から勧められたりしていますが、まだやっていないのです。
今回4月の選挙が終わってからゆっくり始めようかと考えています。

でもおっしゃるように早くやったほうが良いかもしれません。
気になっていた映画、「ソーシャルネットワーク」、茅ヶ崎のワーナーマイカルで観に行ってきます!!

コメントありがとうございます。

最低敷地面積の制限については18日の不動産業界の方々60人位から説明を求められていると聞きました。どんなご意見が多かったのかも含めて聞いてみます。私も市民としてパブリックコメントを出そうと思います。
投稿者:ln
ちょっと考えてみましたが、100平方メートルでの制限はデメリットの方が大きいと思います。
100平方メートルでもぎりぎり一杯建物を建てるので、過密には変わりはない。100坪なら別だが、メッシュの粗さが違うだけで柔軟性がなくなるだけのように思います。
それよりも、一定面積中に一定の緑地等を確保するという方が効果的でしょう。
25坪のモザイクの過密か、30坪強のモザイクの過密か、それだけの違いでは。
投稿者:ln
大変重要な問題ですね。あらゆる角度から検討が必要でしょう。
問題意識としてはすばらしいと思うけれど、
弊害を検証せず、機械的にやると取り返しのつかない問題が起きかねないから。

ところでブログ以外に
Facebookとか、Twitterなどはやっていないのですか。
選挙期間前にやっといた方がいいのでは。
日本もソーシャル・メディアが政治活動の大きな武器になるでしょう。
オバマは実質的にソーシャル・メディアが創った大統領といっていいと思います。
ブログとFacebook、twitterを連動させるといいと思いますよ。
ブログの更新も連動できますから。
海老名氏は2000人近くのフォロワーを集めていますね。むろん、その人たちが全員市民で、かつ投票するとは限らないけれど。
じわじわ効果を発揮するものだから、早くやっといた方がいいと思いますよ。
そういうブレーンの人がいるといいのですが。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ