松島みき子のかんこ便り

松島みき子のつれづれ日記

 
松島みき子 1962年生まれ。管理栄養士として夫の転勤とともに病院、企業勤務(熊本、名古屋、大阪、京都に居住)ののち茅ヶ崎市へ移り住み、茅ヶ崎小学校の学校給食栄養士から始めて、神奈川県立茅ヶ崎高校、高浜高校、長後高校で家庭科非常勤講師を経験。2003年4月〜2018年12月まで茅ヶ崎市議会議員(無所属)。 「食べ物から政治を考えよう。」と訴えて初当選。 @食べ物の自給率を高めることは緑の保全につながる A食べ物からの医療費の削減 B子どもの教育も食べ物から C食べ物からのごみの削減 D食べ物からの平和の実現  「食事には栄養だけではなく文化も平和も政治も載っている。」が持論。 趣味:茶道とセーリング。 ★栄養相談もお受けいたします。 ★メールなどでお気軽にご連絡ください。

カレンダー

2021年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:かんこ
宮崎県民さま、宮崎の赤江浜を守る会の高い波さま、コメントいただき、ありがとうございます。・・すみません、気づくのが遅れて、お返事が遅れてしまって・・ごめんなさい。

時々ブログを拝見しています。
私は、「ほのぼのビーチ茅ヶ崎」という市民活動団体にも入っています。
海好きな人が集まっていて、海のごみ拾いをしたり、・・
ちょっと、以下事務局の近藤さんのコピーですが゜・・・
「ほのぼのビーチ実行委員会」は海岸美化の意識啓蒙活動、海浜の安全と利用の模
索、各団体のネットワーク化等を事業目的とし、海岸環境部会、プラネット部会の2
部会を中心に、年間を通して環境、福祉、教育とさまざまな活動を続けています。

会員は決して専門家集団ではなく出来る事を各人のペースで活動を続けています。

そうです。ゆるゆるムードで茅ヶ崎らしく活動しています。若い人も多く参加していて、のんびりムードだけれど、いっぽん筋が通っています。参加するのは楽しいです。

一昨日の湘南祭でチラッとみんなにブログのことを話したら、メーリングで流してよ〜と、言われました。流しますね。今後つながっていけたらと思います。

急ですが、連休明けの5月9日、10日と宮崎市へ会派視察として伺います。
赤江浜も是非見たいと思いますし、どなたかにお会いしてお話をお聞きできればと思います。
また、ブログへ書かせていただきます。
よろしくお願いいたします。
コメントいただき、ありがとうございました。

http://members.jcom.home.ne.jp/0511362801/
投稿者:高い波
宮崎の赤江浜を守る会のものです。
神奈川県はすばらしい!
ここまで行政がこの問題を民意の中で話し合い、それを実現しようとしている神奈川県の姿は、今の宮崎県ではほぼゼロに等しいです。
我々もサンドバイパスが今現在では、一番いい方法ではないかと考え提案してきましたが、宮崎県ではただの理想論だという考えに抑えられます。 コンクリートを使う工法以外はだめなようです。
実際人工リーフに意義を申し立てた際。なぎさ研究所の宇多教授も、「今回はあきらめなさい、いつか行政を説得できるまではコンクリートを使うのを認めたほうが良いですよ。時間の無駄ですよ。もう決まってるのですから。」と我々を説得しようとしました。
その時、宇田教授は「君の言っていることは正しい。でも今は無理だ!」と言われました。 
宮崎県にもあなたのような議員がいてくれればと嘆く日々です。
投稿者:宮崎県民
始めまして 宮崎のサーファーです 「砂浜を守れ」のコメント有難う御座います。侵食問題は全国的な問題ですね。宮崎は全てにおいて保守的政権に加えノンビリムードの県民性です、純粋に海を愛する若者達が知恵を絞り試行錯誤しながら訴えてもなかなか耳を貸そうとしません しかしながら今後もいろんな方々と情報交換しながら地道に活動し砂浜を復活させたいと思います「no more koncrete」です アドバイス宜しくお願いします^^
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ