2019/7/17  0:00

あたし、アンジェリュス!抑圧した感情があるのではないかしら。  

あたし、アンジェリュス!アンジュ!

去年、うちのお母さんは大切な人を二人見送ったの。
うちのお母さんの母親は去年の7月29日に、うちのお母さんが父親のように慕っていた指導教授はその数日後の8月3日に亡くなったの。
うちのお母さんは、精神的な自立を促されたような気持ちになっているの。
どこかでこの二人に依存していたのでしょうね。

誰かを見送る時には、いろんな気持ちが生じるでしょうね。
うちのお母さんは、指導教授の帰天を耳にした時、いろんなことを思い出し、いろんな感情が溢れてきたと言うの。
でも、自分の母親の死に対しては、満足した気持ちが一番強いと言っているの。
ずっと仲が悪かった母親との絆を取り戻し、ようやくこれで全てが終わった満足感があると言っているの。
母親の臨終の時も、火葬場に行った時も、その後も、涙が出ることはなかったの。

だけど、表面に出ている気持ちだけじゃないのよね。
人間って複雑な生き物よ、どこかに気づかない気持ちがあるかもしれないの。
どこかに回避しているものがあるかもしれないの。

うちのお母さんは、母親を失った喪失感が心の底に隠されているのではないかと、探り始めているの。

誰だって、自分の中に抑圧している感情があるの。
その感情に気づき、その感情を認め、その感情を乗り越えることが人間の成長につながるんじゃないかと、あたし、考えているのよね。


クリックすると元のサイズで表示します

2019/7/16  0:00

あたし、モンチッチ!嫌だとばかり言っていたら。  

あたし、モンチッチ!別名、ゾンビ猫!

これは嫌、あれは絶対嫌と決め付けていたら、何も変わらないし、自分も成長できないわよ。
何故嫌かと、その原因を究明しようとしない限り、いつまでもそのままよ。
嫌だという気持ちでそこにあるものから目を逸らしていたら、現実逃避をし続けるだけよ。

これは嫌だと言ってばかりなんてのは、自分の気持ちを喚き立てるようなものよ。
気持ちばかりじゃ、わがままな子供と同じよ。
好き、嫌いなんてのは、各人違うの。
自分の気持ちを自分で大切にするのはいいけど、気持ちだけにとどまっていたら、物事を客観視することはできないわ。
自分の気持ちを優先しろと他人に要求していたら、そのうち煙たがれるわよ。
嫌なことを誰かに処理させようと押し付けているのは、依存よ。

自立して生きたかったら、嫌なことから逃げてばかりじゃいけないの。
気持ちから離れて、どうしたらいいかを考えなきゃいけないの。
そして、嫌だという気持ちを自分で処理しなきゃいけないの。


あたし、成長が遅く、ミルクを飲むことさえ嫌だって時があったの。
猫缶を食べるのだって、嫌だった時があったの。
だけど、生きていくためには、嫌なことでも向かい合って乗り越えなきゃいけなかったの。
あたし、頑張って少しずつ大きくなっているの!


クリックすると元のサイズで表示します

2019/7/15  0:00

僕、イグナース!苦しい時こそ。  

僕、イグナース!

自分は絶望感にとらわれているといっても、絶望感って、一つの感情だよ。
感情って、永続しないんだよ。
絶望感だって、どん詰まりに見えても、永遠に続くものじゃないんだよ。

絶望的な状況って、主観的だけではなく客観的なその時の状態かもしれないよ。
だけど、すべての物事って、時間とともに変化していくんだ。
その絶望的な状況がもっと悪くなるかもしれないし、良くなるかもしれないし、同じような状況が続くかもしれないよ。
いずれにせよ、時間による変化を考慮に入れなければいけないんだ。

絶望感も絶望的な状況も、永続するかどうかはわからないんだ。
諦めなければ、何らかの変化があるかもしれないんだ。

苦しい時って、この苦しさがずっと続くと思ってしまうけど、そのうちに何かが少しずつ変わっていくんだ。

苦しい時こそ、「待つ」ということを知らなければいけないと、僕、考えているんだ。


クリックすると元のサイズで表示します

2019/7/14  0:00

あたし、シュエット!自分の自由を追求するなら。  

あたし、シュエット!

ちょっと前のことだけど、あたし、脱走しちゃったのよね。
窓から外に出ちゃったのよ。
網戸は閉めてあったけど、窓がちょっと開いてたの。
で、ちょちょいと網戸をいじったら、あたしの体が出るくらいの隙間ができたのよね。
あたしの真似をしてジョシュエも外に出たけど、すぐに奴は部屋に戻ったわ。
あたし、窓の外でのんびりしてたら、うちのお父さんが偶然外に出たの。
お父さんはあたしに気がつかなかったけど、これも偶然外に出ていた隣のマンションの男性が、あたしのことをうちのお父さんに教えちゃったのよね。
仕方ないから、あたし、二階の屋根から飛び降りて塀の上に乗ってあげたの。
あたしの配慮のおかげで、うちのお父さんはあたしを捕まえたのよね。
あたし、ちょっとばかり自由を満喫したの。
だけど、人間に心配かけないように、ちゃんと家に戻ってあげたんだから。

ところで、自分の自由を追求するなら、周りへの配慮が必要よ。
自分がいくら望んだって、周りにとっては迷惑ってこともあるの。
自分の自由を主張したいなら、周りの人達の自由も尊重しなきゃいけないの。
自由って、自分のことばかり考えていたら、単なるわがままになっちゃうのよ。
周りとの共存を考えながら、周りと協調することを考えながら自由を追求するのが大人のやり方じゃないかしら。

人間はまたあたしが外に出ないかと、ヒヤヒヤしているみたい。
でも、あたし、大人の猫よ。
人間とうまくやっていきたいから、適当に自分の自由を制限するのよね。
どすこい!


クリックすると元のサイズで表示します

2019/7/13  0:00

ぼくちん、ハゲポヨ!みんな人間なんだ。  

ぼくちん、ハゲポヨ!通称、ハゲっぽ!

男だって、女だって、関係ないんだ。みんな人間なんだ。
どこの国に生まれたって、どこの地方で育ったって、関係ないんだ。みんな人間なんだ。
どんな人種だって、関係ないんだ。みんな人間なんだ。
金持ちだって、貧しくたって、関係ないんだ。みんな人間なんだ。
ハンディがあったって、病気だって、年寄りだって、関係ないんだ。みんな人間なんだ。
どんな宗教を信じたって、無宗教だって、関係ないんだ。みんな人間なんだ。

幸せだって、苦しくたって、人生には浮き沈みがあるんだ。
みんな生きているんだ。
生きているから、いろんなことを感じるんだ。
生きているから、いろんな経験ができるんだ。

いろんな考えがあるんだ。
いろんな感じ方があるんだ。
いろんなものの見方があるんだ。
みんな個性的だから、人の数だけ考え方や感じ方やものの見方があるんだ。

みんな生きているんだ。
だから、みんな尊いんだ。


クリックすると元のサイズで表示します

2019/7/12  0:00

僕、ルクルス!民主主義って。  

僕、ルクルス!

今は民主主義の世の中だけど、民主主義を知らない人がたくさんいるみたいだよ。
そんなのは難しいことだなんて思っている人もたくさんいるみたいだよ。

だけど、民主主義って、簡単なことだよ。
自分の意見を持って、相手の意見をしっかり聞いて、意見に違いがあったら一緒にどうしたらいいかを考えることだよ。

皆、各々違うんだよ。
だから、いろんな意見があって当たり前なんだよ。
で、いろんな意見があるから視野が広がるんだよ。
自分の意見が一番だから他の人の意見なんてどうでもいいやと思っていたら、それは民主主義から離れることだよ。

民主主義って、誰が上、誰が下なんて上下関係をつけることとは違うよ。
皆、同じ人間だ、平等だということが前提になるんだよ。
平等、対等の立場で、互いの意見を交換するんだよ。

民主主義って、簡単なことなんだよ。
上下関係をつけずに相手の話を聞いて、一緒に考えることなんだよ。


クリックすると元のサイズで表示します

2019/7/11  0:00

僕、エルミット!不安な時こそ。  

僕、エルミット!

他人を支配したいなら、相手に不安を与えるといいんだよ。
相手の心の中に不安をかき立てればかきたてるほど、相手は不安感に呑まれ、思考力を失っていくんだ。

不安感って、強い感情だよ。
感情が強ければ強いほど、左脳の理性的な思考力は働かなくなるよ。
相手の病気の不安をあおったり、相手の老後の不安をあおったり、恋愛や受験の不安をあおったりして、こうすれば安心ですよと何かを提示すれば、お守りでも薬でも何でも売りつけやすくなるんだよ。
たとえば、患者の不安をあおる医者って、タチが悪いよ。患者の不安感をあおって自分には治せると言えば、患者はその医者を名医だと思うよ。
受験の不安をあおれば、受験産業は潤うよ。

だから、不安感が強い時こそ、自分の気持ちに流されないように、相手に利用されないように気をつけようよ。
不安な時こそ、視野を広げ、思考力を取り戻そうよ。


クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ