2018/11/21  1:31

あたし、アンジェリュス!泣くって。  

あたし、アンジェリュス!アンジュ!

苦しい時に泣くって、負けじゃないの。
人間関係が強がりの張り合いだったら、泣くことって負けかもしれないわ。
だけど、泣くって、ひとつの大きな経験になるの。

涙の谷を経験した人じゃなければ、わからないことってたくさんあるの。
苦しさ、悲しさって、人生を豊かにする大きな経験なの。
強がってばかりじゃ分からないことって、たくさんあるの。

泣くって、次の喜びを得るための準備の期間なの。
泣くって、自分の弱さを知る一つの大きなきっかけになるの。
自分の弱さを知った者こそ、強くなれるの。

泣くって、自分の抑圧を減らすチャンスになるの。
抑圧から生まれた強がり、自分への無理強いを減らして、自分を解放するきっかけにもなるのよ。


クリックすると元のサイズで表示します

2018/11/20  1:05

俺、ウィンウィン二世!単純なことだけど。  

俺、ウィンウィン!

どんな素晴らしいアイデアだって、理想だって、行動してみないとわからないんだ。
現実に適応できるかどうか、試してみなければわからないんだ。
頭の中でどんな夢を描いていたって、それじゃ、単なる空中楼閣さ。
自分には素晴らしいアイデアがあると威張っていたって、現実から離れて夢を描いていたって、行動で表していくしかないんだぜ。

どんなに素晴らしい仕事をしたって、どんなに有名な人だって、その人の中に何らかの一貫性、ポリシーというものがなければ、その場その時の状況に合わせているだけになっちまうぜ。
単なる八方美人みたいなもんだぜ。
今は口に出せないけど自分にはこのような考えがある、できることならチャンスがあるならこうしたいというようなはっきりとした意識を持ちながら行動していないと、周りに呑まれてしまうぜ。
自分というものがなくなった状態になっちまうぜ。

自分の考えというものを持って行動するんだ。
行動しながら、チャンスがあれば自分の考えを正面に表していくんだ。
これって単純なことだけど、他人に依存したり依存されたりしていると、こんなことさえできなくなっちまうんだよな。


クリックすると元のサイズで表示します

2018/11/19  7:27

あたし、チビ猫!誰に理解されなくても。  

あたし、チビ猫!

うちのお母さん、猫に引っかかれた掌の傷のせいで、ブログやメールを打つことがなかなか難しいの。
傷は治りかけているんだけど、あたし達チビ猫のミルクを高温のお湯で作るため、もともとステロイドの後遺症で薄かった皮膚が更に薄くなり、傷が治りにくいの。
うちのお母さん、これは一つの自分の体質のようなものだと諦めているけど、理解してもらえないことが多いみたい。
足が悪いとか、目が悪いなんて表面的にわかりやすいものならまだ他人に理解してもらえるかもしれないけど、耳が聞こえにくいとか、内臓に疾患があるとか表面では見えにくいものって、他人から理解されなかったり、誤解されやすいんじゃないかしら。

誰に理解されなくても、自分で自分を認めていればいいの。
子供の頃親に理解されなかった人は、他人に理解されないことに不安や不満を抱くかもしれないけど、それでも、自分で自分を理解して、自分で自分の現状を認めるといいの。

あたし、思うんだけど、他人に理解してもらいたいというのは、贅沢なことよね。
自分で自分を理解するのも難しいのに、他人に理解してもらおうなんて、もっと難しいことを他人に要求しているんじゃないかしら。
それから、他人に理解してもらおうなんていうのは、一種の依存じゃないかしら、甘えじゃないかしら。
自立したいんだったら、自分で自分を理解することから始めたらどうかしら。

自分をしっかり理解できなくても、自分を理解しようとする試みは、他人を理解しようとする試みに通じるんじゃないかしら。
他人に理解されないという苦しみは、他人の苦しみを理解して共存しようとする試みに通じるんじゃないかしら。
完全じゃなくても、理解しようと試みているうちに、何かが変わっていくんじゃないかしら。

この写真の一番左側のあたし、内臓に疾患があるらしいの。
よくまだ生きてるって、人間達に言われているわ。
でも、あたし、生きるの!
誰に理解されなくても、寿命の限り生きるの!


クリックすると元のサイズで表示します

2018/11/18  4:29

俺、ウィンウィン二世!今を生きるって。  

俺、ウィンウィン!

今を生きるって、今の問題だけに注目していれば良いってことじゃないぜ。
今を生きている自分の過去も大切なものとして見つめ直すってことだぜ。
過去からのつながりの中で生きている自分をしっかり捉えるってことだぜ。

例えば、花や木を考えてみろよな。
土から上の部分だけじゃなく、基盤となる根っこも大切に考えるよな。
今地上に出ている茎や花の部分だけではなく、それを支えている見えない部分も大切に考えるよな。

子供の頃の自分、その環境によって刷り込まれた習慣や因習は、その人によって根の部分となるんだ。
その人にとって成長の妨げとなる根の部分は、修正したり、新たなケアを施さなきゃいけないんだ。

今を生きるって、今を支えている基盤を大切にしながら、変えなければいけない部分を変えながら生きるってことさ。
今を生きるって、過去の自分を意識しながら、過去からのつながりを全て考慮に入れながら、過去と共に生きるってことじゃないかな。
過去は不要、辛い過去はいらないなんて切り捨てたら、浮遊霊のような根無し草になっちまうんじゃないかな?


クリックすると元のサイズで表示します

2018/11/17  1:27

私、ディアーヌ!他人の気持ちを考える時には。  

私、ディアーヌ!

こんなことを言ったら相手は怒るかもしれない、こんなことをしたら相手に迷惑をかけるかもしれないなんて、他人の気持ちばかり伺っていたら、身動きが取れなくなってしまいます。
相手のことを考え過ぎるのは、相手を怖れているからです。
で、相手のことを怖れていたら、相手が自分のことをどう思っているかを客観的に判断することは不可能です。
相手のことを考えているつもりでも、自分の勝手な思い込みに縛られているだけのことになってしまうのです。

相手の気持ちを考える時には、相手によく思われたいという願望が自分の心の中で動くことが多いのです。
また、相手に悪く思われたいという怖れも自分の心の中で動くことが多いのです。
自分の気持ちというフィルターを通して相手を見ていたら、相手の気持ちを客観的に把握することは不可能になるのです。

他人の気持ちを推し測ろうとするなら、出来るだけ自分の願望や怖れから離れてください。
自分の気持ちが強く動く時は、視野が狭くなると同時に、相手に自分の気持ちを投影してしまいます。

私、他人の気持ちなど把握しきれないと考えています。
自分の気持ちさえ、自分で完全に把握しきれていないのですから。
それが、他人の気持ちに振り回されないためのひとつのコツかもしれませんが。

うふっ!


クリックすると元のサイズで表示します

2018/11/16  3:00

あたし、アンジェリュス!自由の権利について考えてみたら?  

あたし、アンジェリュス!アンジュ!

どんな仕事をしたいか、どんな勉強したいか、どんな友達を持ちたいか、どんな結婚をしたいか、どんな生き方をしたいかなんていうのは、自分次第なのよ。
自分で選択することなの。
自分で自由に選ぶ権利があるの。

だけど、親に言われたから、誰かに強いられたからなんて言っていたら、自分で選択を拒否しているようなものよ。
自分で自分の自由を放棄しているようなことよ。
つまり、誰かに依存しているってことよ。

確かに自分の自由の権利を行使したら、それなりの責任を取らなくてはいけないわ。
他人との共存を考え、自分の自由を制限しなきゃいけないこともあるわ。
だけど、選ぶのは自分なの。
そうじゃなければ、自立してるとは言えないの。

過去に何があったから、子供の頃は不幸だったからなんて言っていたら、いつまでも自分の自由意思を行使できないわ。
未来を作っていくのは、自分なの。
自分らしく生きたい、自分として生きたいなんて言いながらも過去に縛られている人がいるけど、その過去やしがらみを整理し、振り捨てて行くのも、自分なの。
新しい道を選ぶ権利があるの。

自分らしく、自分として生きたかったら、人間として与えられている自由の権利について学び、考えたらどうかしら。


クリックすると元のサイズで表示します

2018/11/15  7:48

あたし、アンジェリュス!中途半端って。  

あたし、アンジェリュス!アンジュ!

うちのお母さん、右手に猫に引っかかれて、傷を負ったの。
ほとんど治っているんだけど、メールやブログをうったりと、ちょっと無理すると傷が開くのよね。
うちのお母さんの皮膚は、ステロイドの後遺症で、他の人よりもずっと薄いの。
だから、傷が治ったように見えても、ちょっと無理すると、また傷口から血が出てしまうの。
もう大丈夫なんて中途半端な気持ちでいるから、なかなか完治しないのよね。

中途半端って、無理をしたときに生じることがあるの。
もうこれでいいなんて、思い込みで、中途半端で終わることがあるの。
忍耐力がなくて、中途半端になることがあるの。
で、せっかく何かをしたのに、中途半端でやめたせいで、ゼロに戻ることがあるの。

何かを止めようとする時、何かをこれでいいと終えようとする時は、ちょっと立ち止まって考えたら?
本当にこれでおしまいかどうか、これで終えていいのかどうかを考えたら?
特に、焦っている時こそ、しばし立ち止まったら?
後で中途半端だったと後悔しないように、本当にこれでいいかどうか熟慮したらどうかしら。



あ、それから、近いうちにブログを過ごす予定なの。
引っ越しが完了したら、ここで教えるわね。


クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ