2019/6/14  0:00

僕、アダム!他人と助け合って生きているんだよ。  

僕、アダム!

僕、思うんだけど、他人に物事をお願いすることを知らない人って、最近多いんじゃないかな。
例えば、「その席を譲ってくれませんか。」と言えば済むのに、「そこに座っていると邪魔なのよね。」と言って座ってる人を睨むとか、「年寄りや子連れの気持ちがわからないのかしらね。」とぶつぶつ不満を言う人って、他人にお願いすることを知らないんじゃないかな。
「この仕事をお願いします。」と言えずに、「気が利かないからわからないのよね。」と言ってみたり、「さっさとこの仕事を済ませろよな。」と命令したりする人って、他人を自分の道具として扱っているのかな。

自分の自由や権利を主張したいなら、相手にも自由意志や権利があるということを尊重しなきゃいけないんだよね。
そのために、他人にお願いするとか、相手の意向を伺うことを知らなきゃいけないんだよね。
子供の頃から親が何でもしてくれてわがままに育つと、他人が自分のために何かしてくれるのは当たり前だと思い込むのかな?
わがままな親に育てられると、自分が大人になったらわがままでいいんだなんて思い込んでしまうのかな?

自分の自由と他人の自由をどちらも尊重し、その協調を図るのが民主主義の基本だと、僕、考えているんだけどな。
他人と助け合って生きているんだということをもっと考えてみたらどうかな。


クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ