2019/8/17  1:24

俺、ウィンウィン二世!危険だぜ。  

俺、ウィンウィン!

フランス語で私は正しいと言うのは、《J’ai raison. 》って言うんだ。
これは、「私は理性を持っている。」という意味なんだ。
感情や感覚ではなく理性で正誤判断、善悪判断をするということなんだ。
フランス革命の最中、宗教を否定したジャコバン派は、「理性の祭典」というものを行ったんだ。
「理性」を宗教を超えるものとして扱おうとしたんだ。
これには行き過ぎの感はあるけど、欧米では感覚や感性よりも「理性」を重視しているんだ。
人間はどの動物よりも左脳が発達し、感覚や感情の統御ができると、「理性」を重要視しているんだ。

ところで、感覚を重要視しろということは、理性的なことを伝統的にまず第一にしているヨーロッパ人には必要かもしれない。
理性のみに偏っているヨーロッパ人にとっては、感情や感覚の解放は必要かもしれない。
しかし、感覚や感情、感性をもともと重視してきた日本人には、この考え方は毒になるかもしれないのではないか。
感覚や感情、感性だけでいいんだと、理性を下に置くのは、日本人にとっては理性の軽視につながりうるのではないだろうか。

感覚や感情を解放しろ、大切にしろというスピリチュアル系の考え方は、もともと理性を大して用いていない日本人にとっては、人間を動物に貶めること、エゴイズムに走らせることではないかと、俺、危惧しているんだ。
欧米のやり方を日本人にそのまま導入するのって、危険だぜ。


クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ