2006/10/27

突然の来客  

先日のこと。練習に行こうとしたら、電話がリーン
日本アンチドーピング機構(JADA)の方からでした。
「ドーピング検査をさせていただくため、今競技場に来ているのですがー」
突然の、競技外ドーピング検査!予告なし・アポなしです。
なぜ練習場所がわかるのかというと、私たち強化指定を受けている競技者は、
3ヶ月ごとにスケジュールと練習場所情報をJADAに提出しているからです。
「これから向かうところなんで、少しお待ちいただけますか!!」
家を出る前に、とりあえずスポーツドリンクを一気飲み。

ご存知ない方のために、検査方法(尿検査)をご紹介しましょうか。
まず、ドーピング検査しますという通告を受け、書類作成開始。
クリックすると元のサイズで表示しますさっきトイレに行ったとこ…

尿が必要量(75ml)以上出るまで、検査員の目の届く範囲なら練習することもOKです。
約2時間後。練習終了。
何となくもよおしてきたような気が。でもその程度の尿意では充分ではないらしい。
今飲んでもすぐ出るわけじゃないかなと思いつつ、水を1リットル。待つこと30分。
採尿カップと、検体を入れるボトルのセットは自分で選びます。
クリックすると元のサイズで表示します
ど・れ・に・し・よ・お・か・な。真ん中。
いざお手洗いへ。あ、写真撮影はちょっと〜立会い人の見ている前で採尿。
クリックすると元のサイズで表示します
採った尿は2つのボトルに分けて入れます。
クリックすると元のサイズで表示します
密封して、分析機関へ送られます。
クリックすると元のサイズで表示します
ドーピング検査完了!
クリックすると元のサイズで表示します
と、こんな感じです。すぐにオシッコが出たら15分もあれば済むんだけど、
今回は、始めから終わりまで、4時間近くかかりました。
JADAの方にはその間ずっと待ってていただいて・・・すみませーん!

これら一連の検査手順や、ドーピングについてのくわしい情報は
日本アンチ・ドーピング機構(JADA)のHPに載っています。

http://www.anti-doping.or.jp/index.html
1



2006/10/31  22:59

投稿者:よね

おおおー!リアルなレポートおもろいっ!
知らずに横でおべんと広げ出した方々にも大爆笑!

きむがいろいろ横で言ってる。
「色がリアルだ、ナプキンのCMのように青にしろ」
「せめて白黒に」
など、色目がかなり気になる模様(笑)

2006/10/29  20:32

投稿者:taka19660804

実紀ちゃん、わんばんこ!!

抜き打ちのドーピング検査とは・・・さすがトップアスリートですネ!!

我々一般庶民には分らない世界です(^_-)-☆
今後も注目していますから、色々と教えて下さいネ!!

2006/10/29  12:25

投稿者:みのり

実は。最後の写真の後ろに座ってる方々、
私が、採取した尿をボトルに移す作業をしているとき、お弁当をひろげ始めて…ごはんタイムが始まった。
まさか後ろでこんなことをしてるとは思ってなかったでしょう。オシャレなボトルのジュース並べてるって思われてたらいいけど。
おひとつどうぞ、って差し出す、なんてことはしてないからね!!

2006/10/28  23:01

投稿者:あやぼん

ドーピング検査って抜き打ちにこそ意味があるんだろうけどホンマに突然やってくるんやね〜。

こんなに画像つきで詳細にレポしてるのは初めて見たから面白かったよ★
ボトルがオシャレで新発売のジュースみたいやんね!

2006/10/27  20:18

投稿者:104(とし)

競技場でド−ピング検査とはJADAの方はまだ良心的ですね。アメリカの元自転車選手のランス・アームストロングの自伝を読むと時々ドーピング検査のことが出てきたのですが、自宅にいきなり検査官が来たみたいです。(一度は病気の奥さんを病院に連れて行こうとした時に来たみたいです)
居場所を明らかにしないといけないのは、トップ競技選手はある意味プライベートがないということなので少し気の毒な気もします。

http://toshikazu2-27-00.cocolog-nifty.com/blog/

2006/10/27  20:04

投稿者:tokuyan

禁止薬物に関してはまず、故意か過失かの問題がありますが、確信犯に対しては明らかにズルしてるわけであって、キセルマラソンの類と何ら変わらないスポーツに対する冒涜だと思います。よって断罪されて当然だと思います。上記該当リストに対するアスリートの知識啓蒙もぜひ心がけて頂きたいと念じます・・

http://blogs.yahoo.co.jp/runbyrun40

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ