2011/3/14

TEAM JAPAN  

きっかけは、サンディエゴのカフェ。

その日の朝、私と横田くんは、海辺を走るロードレースに出たあと、
(横田くんは2マイル、私は10Kで優勝☆イェイ!)
大ちゃん(為末)を誘ってランチに出かけました。
最初、ロッキー山脈で雪山合宿とかいいねー!などと、
やってみたいことを言い合っては楽しんでいました。

そのうち、話の方向は、
日本での地震、私たちの現状、将来、
それぞれが感じるいろんなこと、何かでつながってる、
何かできないかな、私たちアスリートが、ここから、
未来につながる明るいムーブメントを起こせたら・・・
うん、じゃあやろうよ今から!!ってことになって。

一致団結の3人、共通点は、
フットワークが軽く、自由な発想を持つところ。
数十分後には、大ちゃんのアパートで、
「チームジャパン」が立ち上がりました。

動きだした。湧きだすエネルギーとスピードの速さにびっくりです。
きっと「何か」が始まるって、こういうことなんだろうなと思います。

『TEAM JAPAN』 
このチャレンジはひとえに、
大ちゃんのこれまでに築いた基盤と幅広い人脈のおかげで、
一気に広がりを見せたのですが、
もしかしたら、今、ここサンディエゴで私たちが集まってなければ、
このようなかたちの動きは起こらなかったかもしれません。

Just Giving Japan という支援サイトを利用し、
東北地方大震災の救済支援金を募ったところ、
その日のうちに100万円以上の寄付が集まりました。
すぐに各メディアでもこの活動が紹介されることになりました。

私は、被災地の救援・復興を支援するにとどまらず、
エネルギーと発信力を持つアスリートが、連携を取って、
あらゆる場面でプラスの風をまきおこし、
よりすばらしい競技活動と、自身や周りの人々の未来に続く、
明るい道を切り開いていくことを望んでいます。

そして、その理念に賛同してくださった方々とも力を合わせ、
みんなでスポーツを、日本を、明るく元気に!
がんばる人、応援する人、
すべての人のためになり、すべての人がいきいきすること。
それが私たちが目指すべきところです。

すでにご協力いただいている皆さん、ありがとうございます。
まずはそれぞれができることを精一杯やりましょう。
コメントやアイデアもどんどんお寄せください。

チームチャレンジ「チームジャパン」
http://justgiving.jp/team_charity_detail?charity_id=1676

早狩実紀のチャレンジページ
「Run for Charity 東北地方太平洋沖地震の救済支援」
http://justgiving.jp/c/1856

関連コラム:スポーツナビ「I love sports」
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/other/athletic/text/201103130002-spnavi.html









19



2011/3/17  5:01

投稿者:忍者

素晴らしいですね^▽^
是非協力したいです

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ