2006/5/28

メダリスト  

ボルダー在住のお友達、楢崎教子さん(柔道・アトランタ五輪銅・シドニー銀メダリスト)と、
ダウンタウンで待ち合わせをして、ランチに行きました。
同い年で、共通の友達(4/8に紹介した和恵ちゃん)がいて、スポーツ選手で、と、
おしゃべりの話題は尽きず、あっという間に時間が過ぎました。

その夜、中長距離界では有名な、故アーサー・リディアード氏の
トレーニング理論についての講演会があり、聴きに行きました。
講演って当然、英語です。
わかってたけど…ほとんど理解できない…かなり興味深い話なのに。
資料やデータを見ながら、何となくの想像で聴いてました。

感動したのは、講演されたピーター・スネルさん(写真左)が、
ローマ五輪・東京五輪で金メダルを獲得した、当時のレースの映像。
スクリーンで流れると、もう、鳥肌がぞわー!って感じの強さ。
その強さに裏打ちされたトレーニングとは。気になりますよね。

クリックすると元のサイズで表示します

ほかパネリストに、バルセロナ五輪銅メダリストのロレイン・モラーさん(右)。
今日はオリンピックメダリストにたくさん出会えた日でした。
0



2006/6/7  13:08

投稿者:みのみの

情報ありがとうございます!

別の資料で、当時の練習内容を拝見したのですが、
中距離の選手でも、すごく走りこんでるんですね・・・!

時代とともに改善されて変わっていく部分もあるとおもいますが、
参考にできることはたくさんありますよね。

この講演会の主催団体「リディアード・ファウンデーション」のサイトです。
www.lydiardfoundation.org (英語)

2006/6/6  23:18

投稿者:S.Yamane

兵庫で陸上やっています。
選手はとっくに引退しましたが、、、、。

ピーター・スネル、、、なつかしいですねぇ。

「20世紀最高の中距離ランナー」という敬称が付くほど強かった!

陸上を始めて800mを専門にしたのもこの選手の影響かも?
近ごろはお腹が出たようですけど!

高校ではリデアード方式を日本人向きに改良した練習やってました。

『リデアードの中・長距離トレーニング』というトレーニングを解説した本がありますけど、最近は本屋で見かけなくなりました。

体育関係の学科の図書室にはありましたけど、、、。


内容は違うかもしれませんけど、最近は『リデアードのランニングバイブル』という名前で出版されています。


http://thistle.est.co.jp/tsk/detail.asp?sku=40314

最後に、世界選手権目指してがんばってください!


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ