アドホック日記そのほか:: 三浦俊彦 の時空間 Blog

 ●2004年8月以降、「アドホック日記」を、
 ●2005年2月以降、「アフォリズム日記」を、
 このBLOGに移動しました。
  「モンスター映画」など諸カテゴリを適宜増設、不定期で掲載してゆく予定。
   ★★★ ((分野別の閲覧は、カテゴリ名または左欄【記事カテゴリ】をclickでどうぞ))★★★

 

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者: φ
……といったもろもろのバリエーション(すべて真実)の一変種として、今夜も一句。
投稿者:Θ
浅い所に芸術の深く理解すべきことがある。
深い所に芸術の見抜くべき浅さがある。

投稿者:maiko
深遠な芸術観を理解するためには、浅薄な人生観が要る。
深遠な芸術に感化されやすい素養。浅薄な人生観。
深遠な芸術に感化されやすいのは、浅薄な人生観に拘泥しているからである。
「芸術は浅薄だ」という主張は成り立つ。「芸術は深遠である」という前提が成り立っている限りにおいては。
芸術は浅い。と、言い切れるほど深い人格を形成しては見通しが立たないだろう。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ