アドホック日記そのほか:: 三浦俊彦 の時空間

 ●2005年1月以前の阿呆理詰日記・・・・・・ https://russell-j.com/miurat/d-archiv.htm
 ●2004年7月以前のアドホック日記・・・・・・ https://russell-j.com/miurat/diary-ad.htm

 諸カテゴリ適宜増設、不定期掲載
   ★★★ ((分野別の閲覧は、カテゴリ名または左欄【記事カテゴリ】をclickでどうぞ))★★★

 

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:φ
同僚の御尊父は、和歌一万首以上を遺したそうです。
妄執とか効用とか惰性とかを超えて、端的に悟りの境地という感じでしょうかね。
投稿者:maiko
先日の朝方にコメント保存のため「ノンジャンル」へ移動されていたようですが、コメントごと「阿呆理詰日記2748」へ移動されたのですね。

私の書いたコメントは保存も移動もしないで削除してほしいですよ・・・。
いつも朝目覚めたとき、「しまった。また書き込んでしまった!」と反省してはくよくよしています。なのにまた夜になると、性懲りもなく書き込んでしまう。どうしてなんでしょうね?自分の心理を分析してみても、あれでもないこれでもない、になるばかり。
φ様の奇人ぶりにあてられアフォリズムを始めてから、はや三年半。アフォリズム依存症ですよまったくもう。せめて自分のブログの更新はしばらく我慢しようかなと思っています。
私これいつまで続けるねんやろう。もしφ様みたいに三十年も続けてしまったら、どうなんねんやろう。
ボケ防止にアフォリズムを書く、みたいな感じになりそうな悪い予感が・・・。
投稿者:φ
「阿呆理詰日記2729」がダブっていることに気づきました。
よって、ひとつを「阿呆理詰日記2748」として、コメントごとここに移動しました。
投稿者:maiko
悟性とは、理性と感性の中間にあるものだから、感性の有り様によっては、悟性が感性に近いものになったりもするでしょう。悟性と感性は切り離して考えられるものではないような気がするので、「悟性とは限らず」といわれると、これまた違和感があります。
投稿者:φ
「どうれ、ひとつ拝見するか」。

悟性とは限らず、感性も「どうれ」でしょう。
現代芸術はおおむね知性主導でしょうが。
投稿者:maiko
「どうれ」とは観照することだったのですか。なんだか悟性を「異彩」と呼んでいるようで、違和感があります。
投稿者:φ
2722の諸どう○がどれも実利的・世俗的コミットメントを含むのに対して、「どうれ」は傍観的または好奇心主導。
「美の無関心性」で貫ける人生。
まあそんな第一義でしょうかね。
投稿者:maiko
主旨がよくわかりません。不粋は承知ながらも解説をお願いしたいです。

憶測:一般的な人生は「どうれ」の比重大なり、だと思いますが。一般的な事象を異彩と捉えるスタンスの異彩さがミソなのでしょうか。
アフォリズムは異彩であるべき、というか異彩でなければ成り立たない文学形式ですから。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ