アドホック日記そのほか:: 三浦俊彦 の時空間 Blog

 ●2004年8月以降、「アドホック日記」を、
 ●2005年2月以降、「アフォリズム日記」を、
 このBLOGに移動しました。
  「モンスター映画」など諸カテゴリを適宜増設、不定期で掲載してゆく予定。
   ★★★ ((分野別の閲覧は、カテゴリ名または左欄【記事カテゴリ】をclickでどうぞ))★★★

 

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:φ
なるほど。
ただ、「損なう」のところをいろいろ別の語で置き換えることを想定していたんですけれどね。あと、一箇所くらい「資格」を「権利」とか「権限」とかに。

哀感を損なう、は、哀感を貪る、あたりの方がよくはないかと。

いずれ私も試みると思いますが。
投稿者:maiko
なんだか宿題を出されたかのような気分になり、試みに書いてみました。おひまがあれば添削してください。

諦観を損なう資格のある唯一のものは、仏道である。
静観を損なう資格のある唯一の者は、哲学者である。
傍観を損なう資格のある唯一の者は、文学者である。
概観を損なう資格のある唯一のものは、歴史である。
主観を損なう資格のある唯一のものは、論理である。
客観を損なう資格のある唯一のものは、科学である。


あと、衝動的に書いたくだらない一句

哀感を損なう資格のある唯一のものは、愛である。
投稿者:φ
これはうまいアレンジでしたね。
こうなると、いずれ、美観、達観、諦観、静観、傍観、概観、主観、客観などを勢揃いさせた一句が必要になりましたか。
投稿者:maiko
達観を損なう資格のある唯一のものは、文学作品である。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ