アドホック日記そのほか:: 三浦俊彦 の時空間 Blog

 ●2004年8月以降、「アドホック日記」を、
 ●2005年2月以降、「アフォリズム日記」を、
 このBLOGに移動しました。
  「モンスター映画」など諸カテゴリを適宜増設、不定期で掲載してゆく予定。
   ★★★ ((分野別の閲覧は、カテゴリ名または左欄【記事カテゴリ】をclickでどうぞ))★★★

 

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:φ
宗教の本質はどこにあるかというと、「布教」ではないでしょうね。では何だろう。「信仰」は有力候補でしょう。だとすると、科学も宗教の一つということになります。「法則」や「実在」を信仰するので。
 ただし、教祖や聖典にあたるものに反駁しようとし、最高位から引きずり下ろそうと努力する点で、科学は異質です。
 つまり「懐疑」を禁じない点、むしろ奨励し義務付ける点で、科学は宗教の中で群を抜いて最良のバージョンと言えるでしょう。
投稿者:匿名
私は、科学は今どきの宗教…と、思っています。
怪しいな、と。
知識が知恵にならなくなってる気がします。
花が実にならない…みたいな。
誰かに帰依しないでまずは自分が自分の教祖になるしかないかなー。
布教はしないんですけどね。
布教禁止の宗教って、良くないですか?

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ