アドホック日記そのほか:: 三浦俊彦 の時空間 Blog

 ●2004年8月以降、「アドホック日記」を、
 ●2005年2月以降、「アフォリズム日記」を、
 このBLOGに移動しました。
  「モンスター映画」など諸カテゴリを適宜増設、不定期で掲載してゆく予定。
   ★★★ ((分野別の閲覧は、カテゴリ名または左欄【記事カテゴリ】をclickでどうぞ))★★★

 

カレンダー

2020年
← March →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:☆
返信無用です。
お部屋入って右の棚中央にブレヒトの戯曲集があるでしょう。
『セツァンの善人』は読みましたか。
女性が女性らしくできない場合は昔から何らかの事情があるものですよ。

「男だったら、女の人の人権ということを考えねばならぬ。恋愛をして、あそびとして別れてしまったら、男は、ああおもしろかったですむが、女はそうはいかぬ。子どもだってできるかもしれない。そうでなくっても、現在の男の中には、結婚の相手が未経験者であることを希望するのが、少なくない。それは攻撃的な男ほどそうだ。征服者になりたいという気持ちだ。(中略)相手が不利とわかってて、こちらの一時のたのしみの犠牲にするのはフェアーではない。女があわれなほどもろいという人生の宿命を悲しく思うんだったら、せめて自分ひとりでもひとりの女をかばわねばならぬ」by松田道雄

ご多幸を祈念いたします。
お付き合いありがとうございました。
勉強になったな〜。ふふふ。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ