2011/1/1

謹賀新年  徒然

クリックすると元のサイズで表示します


本年もよろしくお願い申し上げます。

マヤ文明において、ウサギは多産・豊穣のシンボルとして、月の女神と対になって描かれることが多いそうです。月・女性・豊穣・雨という連想があるようです。遠くはなれている文明なのに何か、東アジアと共通するものがあるようで、興味深いですね。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ