2014/5/6

ファンタジー  book

懐かしの佐藤さとるさんの「コロボックルシリーズ」を全巻読んだ連休でした。

大人になってから読んでも面白いですね。これを読んで蕗の葉っぱをめくった経験のある人は日本全国にいることでしょう。
舞台となっている「小さな港町」は横須賀をモデルにしていると聞いたことがあります。そして、シリーズの後の方に出てくる「大きな港町」は横浜ですね。



それと、今回初めて読んだのが『コロボックルむかしむかし』。断片的なコロボックルの神話や説話をツムジイの解説と一緒に収録しているという形で、それぞれの時代の物語をコロボックル視点で再話していることが凝っていて面白い!


思わず、『天狗童子』をポチっとしてしまいました。こちらは相州大山の天狗ですって!

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ