2015/2/25

崩れ  徒然


幸田文 『崩れ』

崩れというと、浦上四番崩れを思い出しますが、これはキリシタンとは関係なく、山体崩壊を見て歩く話。
実は幸田文さんの文章はどちらかというと苦手です。あのヒリヒリとしたせっかちな雰囲気が、なんだか怒られているような気分になってね。
でも、この本は幸田文がひたすら山体崩壊や地滑りの現場を見学して歩くだけの本。せっかちに、猪突猛進する姿が図らずもユーモラスで、結構楽しめました。



iPhoneから送信
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ