2018/5/18

(無題)  

日大アメフット部の
  悪質な反則プレイ

 今朝も各社の新聞スポーツ面は、日大アメフット部による悪質な反則プレイを問題にしている。関学との定期戦で、開始まもなくの頃、関学のクオーターバックの選手がパスをした後、歩いている背後から日大の選手が全力で突進し、タックルをかけたのだ。 無防備な状態で後ろからタックルをかけられるとどんなことになるか、その動画がはっきり映し出している。試合のプレーとは関係のない地点での 日大選手のタックルだった。画像を見た人なら誰もが『悪質な反則』と分かるプレイだ。

 審判はなぜ止めなかったのか?
 どのスポーツでも試合中反則行為があったら、試合を止めて 当該の選手に注意なり制裁を科すものだが、審判の動きはなかった。 同じ選手が3回目の反則をやった時点で やっと退場処分になったんだという。これだけ見ると、審判団は日大に対して忖度してるんじゃないの、と思われても仕方がない。

 謝罪がない不思議さ
 あの定期戦から1週間近く経つが、負傷した選手、家族、関学チームに対して直接謝罪はない。当の選手はもとより内田監督、チームの責任者等が直接出向いて謝罪するのが普通だ。その定期戦後、内田監督は姿をくらませたままである。

日大スポーツ界の重鎮
 選手に大怪我を負わせておきながら、チームの責任者・監督として一週間経っても直接謝罪せずに済ませている御仁とは どんな人物なのか。現在、日大運動部を束ねる保健体育審議会局長と人事部長。人事担当の常務理事も兼務。ある教授が『独裁者』と表現するほどの権限を持つ。あるアメフットOBは『人事を含めて全部一人で決められる立場。何か言える人はいない。』と語る。

日大アメフット部の見解と関学の疑念
 日大アメフット部の事件に対する見解は、『指導者による指導と選手の受けとめ方に乖離が起きていた』と選手の過剰反応だったと結論づけた。しかい、鳥内関学大監督は、『なぜあの選手だけ ああいうプレイをしたのか、そこが一番大事なところだ。』悪質な反則後もプレイを続けさせた日大の判断の背景には暴力的プレーを容認する指示があったのではとの疑いを強くにじませる。

学生アメフットよ、蘇れ!

 学生アメフットの全国チャンピオンを決する『甲子園ボール』は、我が国の学生に人気のあるスポーツだ。私も一時熱をいれ、2度甲子園球場へ足を運んだ。 何と我が母校京大が関西の雄として東の雄日大と雌雄を決するのだった。当時は京大の黄金時代で 水野弥一監督のもと、東海という名クォーターバックを中心にすごいチームを作っていた。 
 京大は少なくとも2回全国制覇したが、学生アメフットのいいところは、京大の次は神戸大、立命館大学等々関西の覇者が次々と変わっていったことだ。素人集団でもまともに組織的な練習を積んでいけば 日大や関学の常勝チームに対抗できるという点だった。

 アメフットは、アメリカンフットボールが正式名であるように、アメリカでは野球に劣らず人気のあるスポーツ。長い歴史の中で 相手のクォーターバックを意図的に負傷させる行為は聞いたことがない。

その昔・・・


 その昔、全国の大学、高校の多くで『全共闘運動』という学生運動が勃発した。その発祥が当時の日大だった。日大全共闘は 古田会頭と大衆団交で対峙した。今回も日大が舞台となっている。当時の日大の学生たちは、正義感旺盛に戦った。今回も 先輩たちに恥ずかしくないような収拾をしていってほしいものだ。



 
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ