2018/5/20

(無題)  

名前に人格あり!

 日大アメフット部の内田監督が西宮の関学に出向いて、今回の不祥事の謝罪をした。 その内容については詳しく報道されてないが、 記事の末尾で、 内田監督は『関西学院大学』を何度も『かんさいがくいんだいがく』と呼称したとさらりと報じている。

 大学名を私たちは普段略称で呼び合うことが多い。神戸大学を『しんだい』、大阪大学を『はんだい』等々。関西にはよく似た名前の大学に関学と関大がある。どちらも歴史ある伝統校だけに『かんがく』『かんだい』で通っている。ただ、 正式の呼び名となると『関西大学』を『かんさいだいがく』『関西学院大学』を『かんせいがくいんだいがく』と正確に呼べない人もいることも事実だ。正式名称を使う機会がほとんどないことも背景としてある。

 しかし、今回の呼称の間違いは、単なる『間違い』では済まされないものを感じる。重大な問題を起こした側が、謝罪に行って相手の名前を間違えて言ってしまった。それも、何度も。
 人間の名前や学校の名前は『はい、 間違いました』で済む問題ではないのだ。

 学校社会では 大問題!

 学校の種類を問わず およそ学校現場では、子どもの名前はその子固有の人格が宿るものとされている。『 名前 = 人格 』なのである。 したがって 改まって子どもの名前を呼ぶ時、教職員は緊張する。 卒業式で担任が児童・生徒を呼称する時、校長先生が卒業証書を手渡す時、間違うなどもってのほかである。
 子どもたち一人一人に授けられる卒業証書、校長先生は それはそれは丁寧に清書して手渡す。全職員の、6年間関わった職員たちの熱い思いがこもった卒業証書なのである。

 子どもの呼称に思いを馳せていると、今回の内田監督のミスは、ケアレスミスでは済まされないと私は怒りを覚える。

一将功成りて 万骨枯る


 こういう無神経な監督のもとで指導されてきた部員たちが気の毒でならない。マスコミや世論の厳しい声に押しまくられ、やっと監督辞任に追い込まれたが、まだ人事部長等権力の中枢を動こうとはしない。 内田監督という御仁がどれだけ日大の体育の伝統を壊してしまったか、理解をされていないようだ。選手一人をつぶしたことによって、日大運動部のすごい歴史を根こそぎつぶしてしまったことに思いが及ばないのは残念である。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ