2018/10/17

(無題)  

小物の作品と人の輪
クリックすると元のサイズで表示します
義母の影響も・・・
 この上町に越してきてから20年近くになりますが、カミさんの飾り棚に小物が飾られ出したのもこの頃からだったように思います。一つは 昨日紹介したHさんが先生の松帆の『布遊びの会』でいっしょに作った作品、 もう一つは 上の写真の作品群をその都度くださるご近所のKさんの作品。 これにプラスして、額縁に入ったきれいな作品もありました。義母の照代さんのもので、カミさんは季節ごとに取り換えていたようです。 この義母の影響からカミさんは『小物に興味をもつようになったのかなあ』と言います。
芸術のセンスが・・・!
 ご近所のKさんの奥さん、下町から上町に越してきた当初、『こんな物もらってくれっけ?』ときれいな かわいらしい小物をいくつも持ってきてくださったそうです。そのKさんの雰囲気が気さくでとても感じがよく、機会があれば 小物の作り方等 またお話をお伺いしたいなと願ったということです。
 阿万の公民館活動で、同じ作品を作っても、出来上がりの見栄えが全然違ったといいます。『Kさんとは 芸術のセンスが違うのよね』とカミさん。
乙女会の仲間が
 彼女も古希を迎えた今年、昨年から高校時代のバレー部のチームメイト4人で『乙女会』というのを作って 毎月一回落ち合って食事会や見学会をしていますが、たまに作った小物をプレゼントしてくれる方もいるようです。小、中、高校時代の幼友達は 心置きなく いいものですね。

 小物を通してカミさんの 人とのつながりが 豊かになっていったようで 嬉しく思います。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ