2019/4/27

(無題)  

名主園のふじの花
クリックすると元のサイズで表示します
佐野のベーグル店へ
淡路市の佐野にオープンしたベーグル店、大坂から若者夫婦が古民家を借りて、ベーグル専門店を開業している。金、土、日曜の週3日だけの営業。初めてカミさんに連れていってもらった。以前にもブログで紹介したように、普通のパンより固めの丸いパンで、私はロックスというイタリア人の店で昼食としてよく食べた。イタリアのハンバーガーで、クリームチーズをたっぷり塗り込んで、スモークサーモン、玉ねぎ等の野菜を挟んで食べる。私はこの『ロックス』が性に合って、マクドのダブルバーガーとともに、よく食べたファーストフードだった。一番シンプルなベーグルを2個買った。場所が分かったのでいつでも通える。
広田の宮脇書店で
 次は予定通り、宮脇店で、漱石の文庫本の続きを4冊購入。『坊ちゃん』『草枕』『門』『明暗』。3月辺りから読み始めている漱石本は、50年前に逗子の図書館で読みふけって以来で、中身はほとんど忘れている。『こんな本だったな』と輪郭が記憶にあるだけである。今年中に本屋にある文庫本は再読したい。やはり漱石という作家は破格の小説家だったなと改めて敬服する。これだけの量の小説を10年余りで書き上げているのだから。それも大衆小説家のように書きなぐったものでなく、内容が豊かだ。
もっといいカメラがほしい
 志筑で昼食、市まで帰ってくると、名主園の生垣にきれいなふじが大きく花を咲かせている。カメラの腕前が初心者レベルなので、被写体には申し訳ないと思うことしきり。もう少し若ければもっと上等のカメラを奮発するのだが、そこまでの情熱もない。毎年この時期楽しませていただいている阿万さんが入院しているのがさびしい。
 
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ