2019/4/30

(無題)  

我が家の家宝 その2
クリックすると元のサイズで表示します

日本が誇る音楽監督
 今日は、小沢征爾氏に書いていただいた色紙。音楽が好きな方なら小沢征爾氏のことはご存じでしょう。単身アメリカに渡って、世界の最高峰のボストン・シンフォニーで30年に亘って音楽監督を務めた名指揮者であり、ボストン・シンフォニーの企画者。私はボストン滞在中、3年間で10回ほどボストン・シンフォニーに通った。全て小沢氏が指揮をする時だった。あのダイナミックな指揮は 派手好みのアメリカ人には人気抜群だった。もちろん彼が指揮する演奏も良かったのだろうが。
アフリカンの人たちへのサービスから
 毎年4月にボストン・シンフォニーの一行は、市内の一角にある大きな体育館で演奏会を開く。有名なアフリカンのプロバスケット選手が若くして病気で亡くなった。彼を偲んで、居住地だった体育館で無料で演奏会を催す。シンフォニーの合唱隊のメンバーだったゴールド文子さんに連れられてカミさん共々会場へ行った。小沢氏が指揮する最初の曲は、ベートーベンの『運命』だった。
独立記念日に
7月4日はアメリカ合衆国の独立記念日。ボストン界隈は、本国イギリスと最初の独立戦争の火ぶたが切られた土地だけに、盛大な催しが行われるが、ボストンシンフォニーは、弟分のボストン・ポップスとともに、大きな野外活動で市民に演奏会をプレゼントする。もちろん小沢氏が指揮を行い、舞台で踊る。こういうパフォーマンスが自然に出来るところが根強い人気を持ち続ける彼の豊かな個性だろう。
 最後の指揮の後で
 小沢氏は2002年の3月にウィーンフィルの音楽監督になるべくボストンを離れた。その最後の彼の指揮は 前年の12月にタクトを振った。私とカミさんは奮発して出来るだけ良い席で聴いた。
 その演奏が終わったのち、合唱隊のゴールドさんにお願いして、小沢氏にアポをとっってもらった。シャワーを浴びて作務衣姿で舞台裏で面会してくださった小沢氏。『お疲れのところ、誠に無理なお願いなのですが、小沢先生がボストンを去る前に、日本人学校の子どもたちに記念の思い出をお願いしたい』と色紙を書いていただいた。その折、チャッカリと私の分も書いていただいたのが写真の色紙。小沢さん、ありがとうございました。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ