ホームページが新しくなりました!http://www.moriuchitea.com

2011/1/28

農業の現状と将来に向けた取り組み  百姓日記

クリックすると元のサイズで表示します

昨日視察に行った静岡市清水区山原地区の山のてっぺんから見た富士山と茶畑。
右向こうのお茶畑の下の方は、全面みかん畑だったそうですが、みかんの大暴落で畑をやめて今は放任してあります。

かあさんの住んでいる内牧と違って山が大きいので道が山の頂上まで付いています。でもアチラコチラで茶園の放任が目立ちます。

「道が付いているのに・・・」
もったいないと思うのは貧乏性だからかしら〜?


その後、通称「畑総」(県営畑地総合整備事業)の「新谷谷地区」へ。
大きな谷を埋土して作った平地で区画整理されて道路がついた畑です。
急傾斜地の畑とは違い、たしかに歳をとっても仕事ができそうです。


一方では放任園、もう一方では大きなお金をかけてある意味自然破壊をして作った畑。

思わずため息が出ちゃう農業界です。



ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村


森内茶農園HPはコチラ
4



2011/2/2  8:55

投稿者:かあさん

ノッペ さま

私たちの時代は、なんとかなりそうですが、孫の時代になると日本の食料、自然環境はどうなっているのか本当に心配です。

急須は、バラバラになっちゃうとかえって高くつきますが、少しならできるそうですよ。

鑑定団で「金継ぎ」とかやってますが、
私の急須には「金」は似合いそうもありませんが・・・・(笑)
」私の急須には「金」はではないでしょうが・・・・(笑)

2011/1/29  19:48

投稿者:ノッペ

お天気が良さそうですね。
どこも農業の実態は同じですね。
高齢化が進むとせっかくお金を出して整備しても使われなくなったりして、もったいない話が能登にもあります。
ところで、壊れた急須も直るのですか?

http://blog.livedoor.jp/noppe1/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ