2020/11/4

foresight  日記

激しい変化の時代。世界を俯瞰し自己を顧みて、人生の羅針盤を見失わないことはとても大切です。

コンクール審査やzoom会議、週3回程のジム通いなど、室内にいることが多かった昨今、早起きして紅葉の季節を前に、高尾山へ行ってきました。

澄んだ清流の流れや青紅葉と紅葉のコントラストを眺めながら、599.15mの山頂に辿り着き、美しい富士山を見渡すことができました。
しかし、下りの山道を侮るなかれ、40分の急勾配が続き、思わず
『森へ行きましょう』を口ずさみながら歩きました。
この日歩いたのは約二万歩。

森へ行きましょう娘さん アッアハーハ
鳥が鳴く アッアハーハ あの森へ
僕らは木を切る 君たちは ……
ランラララン ランラララン ランラーララ
ランラララン ランラララン ランラーララ
で知られるこの歌は、ポーランド民謡『Szła dzieweczka』(シュワ・ジェヴェチカ)が原曲です。
かつて、オペラ『袈裟と盛遠』ワルシャワ公演の打ち上げで、現地の合唱団のひとたちと共に歌った若き日を懐かしく思い出します。

ポーランドの歌詞では「若い娘が森へ行った 緑の森へ 若い娘は狩人に逢った とても陽気な狩人に」と言った内容になっています。

山道では、山で取れた「零余子」(むかご)を2袋ばかり入手しました。
ころころと可愛らしい山の芋のこどもたち。
オリーブオイルと岩塩を振り掛け強火で、炒めれば秋の実りを感じる一品になりました。

時節柄、街には人も増え、寒さと乾燥に向かいますが、新型コロナ感染対策には充分に留意して、時に青空を眺め、明日への一歩を踏み出して参りましょう。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
7
タグ: 森羅万象

2020/9/29

雑感  心と体

秋分も過ぎ、日の入りも早まった昨今、秋の気配が深まる日々ですが、新型コロナとの
共生の日々が続きます。季節の変わり目が一番風邪を引きやすいと申します。どうぞくれぐれもご自愛ください。渡航制限で私も今年は台湾師範大学にも行くことが叶わず、オンラインミーティングの日々ですが、9月よりようやくバッハ・バロック研究会や館林第九合唱団も感染対策と距離を保って練習を再開し始めました。
また、毎年審査に携わる第89回日本音楽コンクールもトッパンホールでの声楽部門最終審査が終わり、6名の方々が10月26日に東京オペラシティでの本選に臨みます。

私はといえば、演奏再開に向けて、DIY(ディー・アイ・ワイ)やトレーニングに励む日々です。このような状況下、好きなサウナに入れませんが、ボクササイズやスクワットで汗を流し、門下生たちから贈ってもらった自転車で路地裏を探索したり…。
ドイツ語、イタリア語、英語は会話や演奏の実践で不自由はないと思っていましたが、この機会にあらためて文法や最近の口語や用法などを使えるようにしておきたいと思っています。声楽レッスンのほかに語学レッスンなどをはじめ、生徒さんと一緒に学ぶことで、」あらためて発見することも多いものですね。個人的には、文法や発音の似ているフランス語、スペイン語なども習得したいとNHKの語学講座で自主トレもはじめました。
料理の腕前も上がったかな。
青空を見上げながらお会いできない大勢の方々のご健勝を祈っています。
お元気で、よき秋の日でありますよう。


追伸
昨年2019年8月の二期会サマーコンサートの様子が再び、NHK=FM で放送されることとなりました。
NHK FM「ベスト オブ クラシック」※再放送
@ 2020年10月13日(火)19:30-21:10
二期会サマーコンサート2019 オペラに魅せられて(2) 
収録:2019年8月24日 渋谷区文化総合センターさくらホール
番組HP:https://www4.nhk.or.jp/bescla/
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
6
タグ: 令和2年 

2020/7/30

8月4日(火)早朝 再放送予定  音楽

「二期会サマーコンサート2019オペラに魅せられて」より
8月4日早朝 再放送のご案内  
クラシック倶楽部 二期会サマーコンサート U
[NHKBSプレミアム] 2020年8月4日 午前5:00 ~ 午前5:55 (55分)
〜2019年8月24日 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール〜

8月3日から5日の早朝、3日間にわたり、ハイライト放送されます。
クラシック倶楽部 「二期会サマーコンサート2019オペラに魅せられて」 ★
https://www.nhk.jp/p/c-club/ts/6N5K88R4Q5/schedule

緊急事態宣言解除後も年内のコンサートやオペラも中止、延期が続きます。去年の夏には、演奏会のこんな長期休業状態など予想もしませんでした。
新型コロナとの共生時代。免疫力を高め前を向いて生き延びてまいりましょう。


40人を超える歌手とピアニストが名曲の数々を披露しました。私の出演日の放送は、2日目の8月4日(火)。モーツァルト『コシ・ファン・トゥッテ』から、男声3人の楽しい場面をお届けします。

「歌劇「ウィンザーの陽気な女房たち」から フルート夫人のアリア「いらっしゃい 陽気な移り気よ」」
ニコライ:作曲
(ソプラノ)菊地 美奈、(ピアノ)山岸 茂人
(5分58秒)

「歌劇「椿姫」から「パリを離れて」」
ヴェルディ:作曲
(ソプラノ)日比野 幸、(テノール)与儀 巧、(ピアノ)山岸 茂人
(8分29秒)

「喜歌劇「メリー・ウィドー」から「ヴィリアの歌」」
レハール:作曲
(ソプラノ)山口 道子、(ピアノ)山岸 茂人
(5分33秒)

「歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」から「私のドラベッラだけはそうじゃない」」
モーツァルト:作曲
(テノール)鈴木 准、(バリトン)大川 博、(バス・バリトン)多田羅 迪夫、(ピアノ)山岸 茂人
(8分15秒)
〜2019年8月24日 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール〜

「歌劇「ルサルカ」から「月に寄せる歌」」
ドボルザーク:作曲
(ソプラノ)嘉目 真木子、(ピアノ)山岸 茂人
(5分43秒)

「歌劇「ボリス・ゴドノフ」から ボリスの死「さようなら わが子よ」「聞け とむらいの鐘がなる」」
ムソルグスキー:作曲
(バス)岸本 力、(ピアノ)山岸 茂人
(6分09秒)

「歌劇「ドン・カルロ」から「世のむなしさを知るあなた」」
ヴェルディ:作曲
(ソプラノ)腰越 満美、(ピアノ)山岸 茂人
(8分05秒)


二期会サマーコンサート2019 【2日連続公演】
公演記録 http://www.nikikai.net/concert/20190823.html

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

懐かしい写真とともに

追伸
最近はジムでのトレーニングで、ボクササイズを愉しんています。

8

2020/5/15

令和2年5月に想う  雑感

緑濃き季節となりました。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

私は香川県の母校・坂出高校の同窓会関東支部の会長を拝命しておりますが、
関東松濤会で確認できている関東圏の大学等に進学在住されている学生の方々へ
お伝えしたメッセージを、事務局の方々がホームページに掲載してくださいました。

https://www.kantoushoutoukai.com/about/
関東松濤会(坂出高等学校同窓会関東支部)

 未曾有のパンデミックに襲われ国内でも外出自粛や様々な不自由な生活を余儀なくされている皆さんにはお元気でお過ごしでしょうか?
会員の皆様には、コロナに感染せず、不自由な生活の中でもお元気でいらっしゃることと信じております。
 これほどのパンデミックになろうとは予想もしなかったとはいえ、関東松濤会でも会員交流の場である恒例の総会・懇親会をいち早く中止とする決断をした段階では、「あれは杞憂だったね」という展開を密かに期待していたのですが、事態は我々の想像を超えてしまったことは皆さんご存じの通りです。
 この緊急事態宣言が延長された不自由な生活の中で、テレワークを始め在宅勤務・遠隔会議・オンライン講座等のこれまでにない社会活動や、自らの生き方を変える動きが始まっていると感じます。 いたずらに不安な気持ちで身を縮めて過ごすのではなく、長くなった在宅時間を、これまで出来なかった事に振り向けることが出来たなど、肯定的に捉える方が増えています。
 関東松濤会も皆さんのお手伝いができることがないものかと思案しています。ホームページやFacebookでの発信や情報交換を通して、世代を超えた人的ネットワークがつながるような活用もその有効な手段の一つです。このような時だからこそ関東松濤会という同窓会組織の大いなるポテンシャルを発揮出来る機会としたいと考えております。
 共により良い未来に向けて頑張りましょう!  
               多田羅迪夫
                       
:::::::::::::::::::::::::::::::::::

坂出高校の卒業生に限らず、今やご自身が今では教鞭をとる側になっている藝大の門下生をはじめ、国内外の次代を担う学生の皆さん、指導者の方々や社会人の皆さん、さらには合唱団の皆さんも未曽有の事態に試行錯誤の日々かと存じます。

今年で結成35年目となる館林第九合唱団も新型コロナウイルス対策のため、2020年(令和2年)7月19日(日)に予定されていた第22回館林第九合唱団シャトルコンサート及び前期練習は中止といたしました。
またお目にかかる日まで、皆さまどうぞお元気で、くれぐれも体調に留意なさってください。


追伸 

最近「先生のWikipedia:ウィキペディアが詳しく更新されています」と教えてもらいました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/多田羅迪夫

いろいろな出典から引用してよく詳しく調べてくださっているものですね。

私がミラノやドイツにいた頃は電子辞書もなかったので、常に重たい辞書や楽譜を持ち歩いたものでした。時代は変化しているなぁと感じています。

クリックすると元のサイズで表示します
7

2020/4/6

またお会いしましょう  文化・芸術

安倍晋三首相は、3月末からの新型コロナウィルス感染者の急増により、4月7日より東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県に1カ月程度の緊急事態宣言する見込みとのこと。強い自粛を求められて、不自由な日々が続きます。音楽業界も実質、営業停止に追い込まれていて、声楽家たちの仕事も激減。先日は二期会も緊急幹事会を開いて対策を話し合いました。

長年携わっている「かがわ音楽アカデミー」についても昨年12 月22日の「声楽講座」実施は、新型コロナウィルスの感染を避けるために中止になり、またそれに続く今年3月26日の実施も、やむなく中止となりました。
香川県の若く優秀な高校生たちが、藝大の現役教授等による有意義なレッスンを受ける機会が中止となったのは本当に残念です。

ともあれ、今まで忙しくてできなかったことを見直し、音楽への情熱と炎を絶やさぬよう努めてゆきたいですね。

皆様、早くまた元気で会える日まで、くれぐれも感染に気をつけてお過ごしください。

クリックすると元のサイズで表示します
撮影:鍔山英次 東京二期会『ニュルンベルクのマイスタージンガー』より
9

2020/2/12

雑感  日記

ヴェルディとプッチーニを中心に40を超える役柄を演じた歴史に残るオペラ歌手
ミレッラ・フレーニさんが2月9日、イタリアモデナの自宅で亡くなったと聞きました。
とても残念です。
療養生活を送っていたようですが、彼女は私にとって特別な歌手でした。


ドイツの歌劇場で専属歌手をしていた頃、ドルトムント歌劇場でプッチーニの『ラ・ボエーム』
を上演した際に、私は全盛期のフレーニさんと共演する貴重な機会がありました。
『ラ・ボエーム』のミミを彼女のように歌える歌手はいないのではないでしょうか。

私は音楽家ショナール役でした。ドイツの劇場の仕事が決まる前にミラノで学んでいて、
イタリア語が話せたので白羽の矢が立ったのでしょう。
その美声とともにあたたかい人柄も魅力的でした。私の部屋の壁には、今も彼女と撮った
写真が飾ってあります。

芸術は長く人生は短し
感謝の想いを胸に刻み、日々精進したいと思います。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
7

2020/1/10

若き音楽家の皆さんへ  文化・芸術

松の内の賑わいも過ぎましたが、凛とした冷たい空気の中、春を告げる福寿草に元気をもらい心新たに動き出す季節となりました。
本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。


公益財団法人明治安田クオリティオブライフ文化財団
「音楽分野」の機関誌『いい人・いい音』第25号2020年1月6日発行

2020年の新春にあたり、若き声楽家の皆さんへ伝えたいこと。
"言語習得の大切さ"
海外研修の最大のメリットは、疑いもなく、その国の言語を習得できる環境に身を置けることです。それは専門が楽器であれ声楽であれ同じです。とはいえ言語の習得が一番大切なのは声楽専攻であることは間違いではないでしょう。
オペラの発祥の地であるイタリアの言語であるイタリア語は、全てに優先してマスタ1すべき基本言語となります。
確かにフイレンツエのカメラータや南イタリアのナポリ派のオペラは言うに及ばず、北のヴエネツィア楽派、延いてはハプスブルグ家の支配するオーストリアの宮廷でも、サリエリなどのイタリア人作曲家がオペラ作品をイタリア語で作曲していましたし、ドイツ人であるモーツァルトも宮廷向けにはメタスタージオやダ・ホンテのイタリア語台本に作曲しています◦
そのうちにジングシュピール形式のドイツ語によるオペラ「後宮よりの逃走」「魔笛」などに発展し、それはヨーロッパ中に広がると同時にそれぞれの国の言語によるオペラが存在していきました。
もちろんフランスではリュリやラモーなどの作曲家によるロココ様式のフランス語によるオペラはその存在意義を主張し ロシア宮廷でもイタリアオペラを上演し、やがてロシア独自のオペラへの発展を見せていきました。やがてハンガリーやチェコスロバキアでも独自の民族主義オペラへの発展、イギリスでもパーセルが切り開き、ブリテンが展開していった、英語によるオペラが発展していったよぅに、世界各国が自国語によるオペラを持つようになりました。
かつてイタリア人のプリマドンナのレナータ・スコット氏が藝大に訪問されて開講されたオペラのマスタークラスでこう言い放ちました。「オペラ歌手は少なくとも5つの言語をしゃベれなくてはなりません」そして、ご自分の習得された言語として、フランス語、スペイン語、ドイツ語、英語、口シア語、イタリア語と6つの言語を挙げてくれました。
これは彼女のよぅに国際的に活躍する一部の歌手の特別な才能を持つ人のみが実現できる事と思ってしまいがちですが、実はそぅではないのです。
イタリア人に限らず、ヨーロッパの知識人といわれる人々にとって、それが特別に珍しいことではないことを、私は8年以上のヨーロッパ滞在期間中に知る機会が何度もありました。


イタリアのお隣のスイスでは、イタリア語圏・フランス語圏・ドイツ語圏と分かれているにせよ、3つの言語を喋るあるいは理解する人が多いのは周知のことです。
ヨーロッパ内の言語ではラテン語を源とするロマンス諸語としてイタリア語・スペイン語・ポルトガル語・フランス語はよく似ているのでお互いに習得が易しいと言われますし、英語.ドイツ語・オランダ語は同じ西ゲルマン語に分類される非常に近い言語です。
また、英語を国語とするアメリカ人にとっても、フランス語が第一外国語に選択されることが多いと聞きますし、周りにヒスパニック系の移民が多い関係で、スペイン語を理解できるアーリア系のアメリカ人も沢山います。
それに比べると我が国では外国語教育の観点からはかなり欧米諸国に比して後れを取っているといわざるを得ませんし、その状況の中でオペラ歌手を目指す日本人の若者たちには、大きなハンディキヤップを背負つていることを認めないわけにはゆきません。しかし、それにもかかわらず海外で活躍する日本人歌手が着実に増えていることもまた、事実です◦
これから海外研修を目指す若い歌手諸君には、レナータ・スコット氏の言葉を今一度思い起こしてもらいながら、国内外で活躍するオペラ歌手を目指していただきたいと心から願うものです。
声楽家・東京藝術大学名誉教授 多田羅迪夫 (音楽分野選考委員)

機関誌「いい人・いい音」第25号▼ バックナンバーもダウンロードできます。https://www.meijiyasuda-qol-bunka.or.jp/music/organpaper/

https://www.meijiyasuda-qol-bunka.or.jp/
公益財団法人 明治安田クオリティオブライフ文化財団 ホームページ

海外音楽研修生費用の助成について
2020年度「海外音楽研修生費用」助成の公募を開始しました。
締切:2020年4月8日(水)
(国際的音楽家を目指して研鑚中の若手音楽家の海外特に欧米への留学費用を助成)

声楽は1987年9月1日以降、器楽は1992年9月1日以降に生まれた方。
2020年から2021年12月末までの間に申込書に記載された教育機関に入学可能な方。
他の財団等から助成を受けない方。
〔年額200万円、期間は原則2年間〕
https://www.meijiyasuda-qol-bunka.or.jp/music/guide/

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
6

2019/12/15

館林「第九」2020  公演情報

2019年12月14日(土)晴天にも恵まれ、館林第九合唱団第33回「第九」演奏会が無事に終了致しました。今年は私が館林第九合唱団の指導を引き受けてから20年目になりますが、大人と子供が同じ舞台で「第九」の合唱を歌うというプロジェクトがいよいよ軌道に乗り、今年は121名の中学生がすべての合唱パートを歌い切り、小学生たち51名もドイツ語の歌唱で参加しました。
マエストロ藤岡幸夫氏のタクトのもと、ベートーヴェンの偉大な音楽と現代にもなおも通じるシラーの理想を掲げた熱いメッセージをともに体感できたことを大変嬉しく思います。
この大プロジェクトに多大な理解を示して下さった館林市教育委員会並びに参加校の校長先生、群馬交響楽団の皆様と藤岡マエストロ、そして熱心に指導を進めて頂いた各先生方、ピアニストの皆さんと合唱団のプロジェクト実行委員会の皆様に心からの感謝を捧げます。
    
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します



かがわ音楽アカデミー2019
https://www.kagawa-arts.or.jp/info/201912/1576162800034.php

ヴァイオリン、フルート、声楽の各部門のコンクールを開催するとともに、その成績優秀者を対象とした公開講座を実施します。
いずれも公開(入場無料・事前申し込み不要)
12月21日(土) コンクール
○タイムテーブル及び参加人数(会場はすべてレクザムホール・小ホール)
ヴァイオリン部門:  9:30〜11:00 審査(小学生14名)
(参加24名) 11:10〜12:25 審査(中学生 6名、高校生 4名)
12:40       審査発表・表彰
フルート部門: 13:00〜13:25 審査(中学生 6名)
(参加17名) 13:35〜15:00 審査(高校生11名)
15:15       審査発表・表彰
声楽部門: 15:30〜15:55 審査(中学生 6名)
(参加22名) 16:05〜17:35 審査(高校生16名)
17:50       審査発表・表彰

12月22日(日) 公開講座
○公開講座受講者(コンクールの成績上位者を対象とする。目安は各部門数名)

○開催時刻・会場
各部門 10時〜15時頃(コンクールで選抜される受講者の人数による)
ヴァイオリン部門: レクザムホール・小ホール
フルート部門: レクザムホール・第2リハーサル室
声楽部門: レクザムホール・第1リハーサル室及び第1練習室
7

2019/12/11

令和元年12月  公演情報

早いもので今年も締めくくりの時節となりました。
いかがお過ごしでしょうか。

この度、文化庁より、芸術文化の振興に功績のあった個人として、令和元年度地域文化功労者表彰被表彰者に選出され、11月26日(火)15:30〜17:30 京都府民ホール アルティでの表彰式に行ってまいりました。
名誉ある賞をいただいたことに感謝するとともに、支えてくださる方々への感謝の想いを胸に今後も精進したいと存じます。
https://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/__icsFiles/afieldfile/2019/11/13/a1422593_01.pdf

第86回NHK全国学校音楽コンクール 
台風19号の影響で10月12日の実施が一旦中止された「高等学校の部」は、各出場校との調整が叶い
11月28日(木)NHKホールにて開催されました。
審査に当たらせていただきながらも感慨ひとしお。

【放送】12月15日(日) Eテレ 午後2:30〜5:00
    12月20日(金) Eテレ 午前7:25〜8:55
https://www.nhk.or.jp/ncon/entry/zenkoku/index.html


第33回館林第九演奏会 
2019年12月14日(土)
開場:1:30 PM 開演:2:00 PM
 指揮/藤岡幸夫
 ソプラノ/中江早希
 メゾソプラノ/杉山由紀
 テノール/児玉和弘
 バリトン/多田羅迪夫
 合唱/館林第九合唱団、館林市立第一中学校2年生、館林市立第二小学校6年生

館林市文化会館・カルピスホール(大ホール)

全席自由 一般3,800円、大学生以下2,000円

問合せ:館林第九合唱団 事務局長(篠村宏明)080-5538-8619 群馬交響楽団 027-322-4316

主催:公益財団法人 群馬交響楽団、館林第九合唱団

後援:館林市、館林市教育委員会、板倉町教育委員会、明和町教育委員会、千代田町教育委員会、大泉町教育員会、邑楽町教育委員会、館林市文化協会、上毛新聞社、群馬テレビ、FM GUNMA

館林第九合唱団
http://tatebayashi-daiku.la.coocan.jp/page010.html


上毛新聞▼
群馬県館林市の冬の風物詩「館林第九演奏会」(14日)に向けた練習が5日、館林一中で開かれ、2年生約120人が美しい歌声を響かせた=写真。
演奏会では館林第九合唱団(野中嘉之会長)と同校2年生、館林二小の6年生計約250人が「歓喜の歌」を披露する。多田羅さんは「約200人以上の子どもの参加は全国的にも珍しい。5月から練習を重ね、高いレベルで仕上がっている」と話した。
演奏会は市文化会館で午後2時開演。国内外で活躍する藤岡幸夫さんの指揮で、群馬交響楽団が演奏する。


【放送予定】
今年8/23,24に開催しました「二期会サマーコンサート2019」
BS放送に続き、今週12/12(木)&13(金)(両日19:30〜21:10)にNHK-FM「ベストオブクラシック」で放送されます。
*12/13(金)=8月24日のハイライトを放送いたします。

番組ホームページ⇒ https://www4.nhk.or.jp/bescla/

https://www.nhk.or.jp/radio/player/?ch=fm&area=tokyo 「らじるらじる」


空気が乾燥しております。どうぞご自愛ください。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
6

2019/11/14

(無題)  公演情報

ニ期会サマーコンサート2019 オペラに魅せられて 放送予定

【NHKBSプレミアムクラシック倶楽部】 
 早朝午前5時00分〜 午前5時55分

nhk.jp/c-club  2020年11月25日から27日

放送日が決まりましたのでお知らせ致します。
私の演奏は11月26日(火)に放送されるようです。

「歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」から「私のドラベッラだけはそうじゃない」」
モーツァルト:作曲
(テノール)鈴木 准、(バリトン)大川 博、(バス・バリトン)多田羅 迪夫、(ピアノ)山岸 茂人
(8分15秒)
二期会サマーコンサート 〜2019年8月24日 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール〜


番組ホームページ

NHK BSP「クラシック倶楽部」11月26日(火)  
二期会サマーコンサート U (収録 2019年8月24日(土)
https://www4.nhk.or.jp/c-club/x/2019-11-26/10/11460/1894563/


NHK BSP「クラシック倶楽部」11月27日(水)  
二期会サマーコンサート V 収録 2019年8月23日(金)24日(土)
https://www4.nhk.or.jp/c-club/x/2019-11-27/10/12008/1894575/



公演詳細 東京二期会ホームページ
http://www.nikikai.net/concert/20190823.htmlクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ