2009/1/25

レコード芸術  音楽

皆さまお元気でお過ごしでしょうか。1月もはや後半になり、立春へ向けてすぐ近くに春の足音が聞こえるような気がします。
昨年12月に出た私のCDが、「レコード芸術」2月号の新譜月評で特選盤に選ばれたと伺い、思いがけない朗報に驚いています。
http://www.disc-classica.jp/ ディスククラシカ

先日は、LINN銀座店のミュージックルームで私のCDなどを聴きながら対話する「LINN meets THE ARTIST」という取材がありました。オーディオ評論家の山之内正さん、LINNの広報部長の古川氏などとご一緒に音楽について、またCDプレーヤーの音質や特徴について語り合う楽しいひと時でした。その様子はレコード芸術3月号に掲載されるとのことです。
LINNはスコットランドのオーディオ機器メーカーとのことで、円やかな音質とバランスの良さが印象的でした。オーディオ機器も40〜50年前のようなレンジの広さや音圧、重低音で勝負する時代から、微細な質感やクオリティをきめ細やかに聴かせる方向が主流になりつつあるのかもしれません。長時間聴き続けても疲れない音のバランスは、癒しの音楽、宗教曲などによりその持ち味を発揮すると「ヨハネ受難曲」を聴きながら思いました。

今回のCDは藝大リサータルシリーズのライブ録音ということで、ドイツリートの中でも自分にとって馴染みのある曲、好きな曲ばかりを自由に選んで、集中して演奏させて頂きました。いろいろな音楽の有名なさわりだけというコンサートやCDが巷では流行する風潮もある中、オペラアリアや日本の歌などもあえて加えずに、ただじっくりとドイツリートと対峙することで、音楽や歌詞への新たな発見もあり、私自身、齢60年を意識した節目の時に、大変な贅沢をさせて頂けたと、関係者の皆さんには心から感謝しています。
特に若い頃から歌い込んできた、ブラームス「四つの厳粛な歌」は、私にとってにバッハの音楽とともにかけがえのない存在ですが、ブラームスが先に作った「信仰と希望と愛」を語る終曲よりも、後から作曲した人の成り行きから死を見据える3曲に込められた音楽と歌詞の深さにより共感するものを感じます。
時代とともに人の暮らしぶりは変わっても、死をまぬがれることの出来ない人間にとって、この曲は慰めと癒し、そしてそれぞれが与えられた命を生きることの意味を再認識させれくれるような深さを内包しているような気がするのです。
クリックすると元のサイズで表示します
7



2009/3/16  22:00

投稿者:朧月夜

最近、YouTubeなどで有名なアーティストの演奏が聴けたりしてしまうので、多田羅先生でも検索してみたら、なんと韓国のWEBで発見。あちらの「荒城の月」の論文?か何かに日本の模範演奏みたいな感じで多田羅先生の演奏が♪が聴けるのを発見。
これって日本のラジオなどで放送された音源でしょうかね。
ハングル語なので全体の内容よくわからないけれど、思わず聴き惚れてしまいました。


http://blog.daum.net/_blog/BlogView.do?blogid=0I1cs&articleno=325335&admin=#ajax_history_home

2009/3/9  8:31

投稿者:無垢の白亜

お元気でご活躍のご様子嬉しく思います。

昨年暮れに長く寝込んでおりました母が他界、今は父が一人で元気に暮らしておりますのが救いです。
月日とは残酷なものですが、今年も優しい春は実家の庭にも何事も無く訪れて来ています。

同窓生のお元気にご活躍のご様子は眺めていますだけでも勇気をいただけます。

お体にお気をつけて頑張って下さいませ。





2009/2/3  22:13

投稿者:春待ち人

多田羅 迪夫/奏楽堂ライブ(ドイツ歌曲の夕べ)
レコード芸術(2009年2月号)新譜月評を買いました○!

ベートーヴェン:歌曲集「遙かなる恋人に寄す」(全6曲)
シューマン:リーダー・クライス Op.39(全12曲)
ブラームス :歌曲集(6曲)
同:歌曲集「四つの厳粛な歌」作品121
DCJA-21008 \3,000 08年12月10日発売
「・・・ベートーヴェンの第一声からして、揺ぎ無い多田羅の声がこの歌曲集のテーマを歌いだす。その瞬間、彼のこれまでので声楽家としての年輪とその充実が予感できるような期待感が、聴くものの耳から心へ流れ入った。
何という重厚で、しかも抒情に溢れた主題の提示であろうか。一つの言葉、そしてそれらすべての言葉に彼の心の動きと、詩と音楽のいのちが波打ってくる。かつてこの歌曲集はヘフリガーやシュライアーの名盤があったが、多田羅の歌は彼らを超えているとさえ言っても過言ではないほどで、“心のおののき”が古典のかたちの中に初期ロマン派の糸口を探しているような、ナイーヴでしかも端正な歌いぶりの中にベートーヴェンの素直な心が伝わってくる。・・・」(畑中良輔氏)

「・・・シューマンの《リーダークライス》も深い森の孤愁が身にしみてくるというよりも、デューラーの胴版画「騎士と死と悪魔」の古武士の決然とした姿勢が眼に浮かぶ。・・・
ブラームスの《4つの厳粛な歌》ではこの気概をもってすれば死など恐れるに足りない。しかしそれに頼ることなく、まさに歌唱技術を超え、生とは何かという問いに全身全力でぶつかろうとしている。その気迫から歌とはまさにかくあらねばならぬというメッセージが伝わってくる。・・・」(喜多尾道冬氏)



※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ