2010/9/8

『魔笛』明日開幕  音楽

 いよいよ明日はモーツァルト『魔笛』初日です。
私は実相寺演出では、パパゲーノと今回の弁者(Sprecher)も何度も演じてきましたが、一幕の後半、王子タミーノがザラストロの城に着き、その扉を叩いて、弁者と出会うシーンでは
モーツァルトの音楽の荘厳な美しさに毎回身が引き締まる思いがします。
実相寺演出では高い階段があって、私はそこから降りてきてタミーノと問答するのですが、その舞台空間の使い方も監督ならではの精緻な緊迫感がありますね。

今月は30日に日本語訳でバッハ「マタイ受難曲」のイエスも歌うので、その日本語訳詞についてもこのところ納得がゆくまで何度も推敲して考えながら、やはり「マタイ」のイエスと『魔笛』の弁者には相通じるイメージがあるなぁと思っていたところです。

以前、2000年の頃にも実相寺監督と『魔笛』についていろいろ話していて、監督の考える弁者のイメージというものは、プロトタイプの教義を説く一面的な聖人然としている者ではなく、やはり『マタイ』のイエスのように、心の中に感じたことや揺らぎさえも自然と滲み出てくるような、血の通った人間らしさを持った立体感のある存在と言う風にとらえているのではと想像していました。

『魔笛』の初演は1791年9月、モーツァルトはその初演の2 ヶ月後に世を去ってしまいましたが、モーツァルトが遺してくれた天衣無縫なこの素晴しい作品を演奏できる幸せを感じています。
そして装置や衣裳の変遷はあるにせよ、この作品を風化させない実相寺演出に流れるバックボーンの確かな支えによって、またこのオペラに新しい生命が吹き込まれてゆくのでしょう。

東京二期会『魔笛』 オペラ全2幕
公演|2010年9月9日(木)18:30、10日(金)18:30、11日(土)15:00、12日(日)14:00
会場:新国立劇場 オペラパレス(初台)
指揮:テオドール・グシュルバウアー(Theodor Guschlbauer)読売日本交響楽団

http://www.nikikai21.net/blog/ 
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
23



2010/9/26  14:56

投稿者:読者

 ブログやコメントを拝読しているうちに、自分も声楽やオペラを実際に聴いてみたいと思い始め、今夏思いきって、オペラを観に参りました。7月17日に東京文化会館、9月11日に新国立劇場へ、それぞれお伺い致しましたが、劇場に入ると、さすがに「雑魚のととまじり」の感があり、通な客席の雰囲気に気圧されて相当に緊張いたしました。それでも、幕が上がった後はすっかりお舞台にひきつけられて、洗練された美術感覚や表現法に驚いたり、胸底深くに届いてくる歌声に感じ入ったりしているうちに、すーっと最後まで運んで行かれた感じでしたので、ひとまず安堵いたし居ります。
 『魔笛』では、先生ご自身の演奏が拝聴できまして、それが何よりの幸いでございました。お舞台も素敵でした。主役の方々は歌とお芝居が交互にあって、大車輪でいらっしゃいましたし、楽しい趣向も満載でしたが、観ている側には不思議とせわしない感覚がなく、ふだんのように楽に呼吸をしていることができる演出でございました。音楽を聴いていると他がお留守になってしまう聴き手の気持ちもちゃんとわかって下さっているふうで、最初、派手な立ち回りや大蛇退治にびっくりしたのに、3人の侍女の歌が佳境に入りますと、「きれいな曲だなあ」とか、「豊かなお声だなあ、気持ちがいいなあ」とか、そんなことばかり思っていても、舞台の進行から取り残されるのを心配する気持ちが起こらず、安心していられたので、ああこれは楽だと嬉しくなりました。それでも長時間の鑑賞にさすがに疲れを覚えだした頃おい、「魔木」さんが出て来られて、ふわりと神経を解きほぐすような絶妙のお芝居。そして、華麗で清澄なフィナーレ。3人の童子の描き方も上品で、可憐でいながら頼もしい感じで、好きになりました。
 おかげさまで、一生ご縁がなかったかもしれないオペラを拝見することができました。この欄をお借りして、先生とコメントをお寄せの皆様方に一言御礼を申し上げたいと存じます。住まいが東京ではないので、そうそう思うにまかせませんが、またいつか、オペラや声楽のコンサートに足を運んでみたいと存じます。

2010/9/11  21:04

投稿者:眠り猫姫

舞台の演出が立体的でドラマティック、モーツァルトの音楽と共に非日常の夢を旅した気分です。ウルトラ怪獣達の友情出演も音楽の中に溶け合い全く違和感がありませんでした。
この臨場感は演奏会形式ではなかなか味わえません。素敵な一時に乾杯!

http://blog.goo.ne.jp/muguet11

2010/9/10  17:59

投稿者:MAGIC☆Flute

とても楽しいオペラでした。オベラもいろいろ工夫がなされてすっかり違和感なく日本に馴染んだなぁという印象です。
若手の歌手たちも次々と育っていますが、多田羅さんが弁者で登場するとさすがに舞台空間が引き締まりますね。
装置も立派で♪ウルトラ怪獣たちも森の野獣たちの代わりにタミーノの笛で踊る姿が微笑ましかったです。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ