2010/9/28

中山悌一先生の思い出  文化・芸術

9月29日は中山悌一先生の一周忌です。
素晴しい声のバリトン、そしてわが国オペラ界を支えた素晴しい総監督でした。
急に秋めいて雨の日が続く中、いろいろなことを思い出しました。
このところ、90歳のマエストロ、ヘルムート・ヴィンシャーマン氏の
「マタイ受難曲」の稽古、オペラ研修所の試演会、そして10月2日の
追悼コンサートを控え、なんだか慌しくしておりました。
30日のトリフォニーも10月2日の津田ホールも、、もうすっかりチケッ
トも売切れとか…
今年の夏は記録的な暑さでしたが、いつお会いしても本当に溌剌と
若々しい近藤政伸さんが、突然体調を崩したとのこと。
心配ですが、一日もはやい回復を願っています。
http://www.nikikai21.net/concert/golden30_sp.html

中山悌一先生の思い出
渡欧の前、私が演奏の方向について迷っているとき「タタラ、人間はな、やらねばならないと思う事をやるのではなく、自分が本当にやりたいと思う事をやるのが幸せなんだよ。」とおっしゃって下さって、それが心の中にすとんと落ちてゆき、迷いが消えたのでした。先生のこの言葉がなければ、きっと今の私はなかったでしょう。
また、帰国した後のことですが「冬の旅」や「詩人の恋」の指導をして頂いていた頃、小澤征爾さん指揮『さまよえるオランダ人』に出演する際に「期限は満ちた」のオランダ人のアリアを持って伺った時のことです。このアリアは演奏時間が12分以上もかかる長大な難曲で、歌うのも大変ですが伴奏するのも専門のピアニストでさえ骨の折れる曲なのです。「これを弾くのは何年ぶりかなあ。少し待っていろよ」と先生はおっしゃって、楽譜をじっと目で追っていらっしゃいました。そうしてレッスン室に静寂の中にもページをめくる音だけが聞こえる時間が3分を過ぎようとした頃、私は伴奏者を同伴しなかった事を悔やんでいました。「よーし、では始めよう」とおっしゃって先生がピアノを弾き始められた時オーケストラを彷彿とさせる、えもいわれぬ素晴らしい音色と音楽がそこにありました。アリアの最期まで一度のミスもない完璧なピアノ演奏でした。私は歌いながらその伴奏の音楽の素晴らしさに身体が震えるのを止めることが出来ませんでした。先生は歌手として超一流なだけではなく、ピアノの名手として、いや、音楽家として超一流な方でありました。

クリックすると元のサイズで表示します

この写真は二期会40周年記念『フィガロの結婚』1990年秋の稽古場での風景。すごく貴重な写真です。
中山先生がPianoに肘をついてにこやかに見守っていらっしゃり、
私も近藤伸政さんも痩せていて若い!近藤さんの右隣はケルビーノの青山智英子さんですね。
そして騎士のように胸に手を当てながら、演出について話してくださっているのが栗山昌良先生です。
クリックすると元のサイズで表示します
23
タグ: 想い出



2010/10/3  14:52

投稿者:Ich Liebe

10月2日の「ドイツリートの継承」粋な演奏会でした。日本の音楽界に一世を風靡した新旧スターたちが一堂に会しての魂のこもった演奏の数々。
聴き終えて何か神々しい芸術に触れた清々しい気持ちで家路につきました。

中山悌一録音演奏からはその稀有な才能を垣間見て、日本の音楽界の歴史に触れたように感じます。
まさに王者の風格でトリを務めた多田羅さんの演奏は、えもいわれぬ素晴しさでドイツリートはかくも豊かに深遠な世界だったかと再認識させるような説得力がありました。
多田羅さんは、「コンサートやオペラに行く」とか、「教養としてリートを学ぶ」というのでなく、’この歌手を聴きたい!'と思わせてくれる数少ない演奏家です。

An die Musik 斉唱の後、出演者の皆さん勢ぞろいで、ロビーでお見送りいただき、なんと贅沢な一日だったことでしょうか。今だ感動覚めやりません。



2010/10/2  19:15

投稿者:のび太

はじめまして☆

今日、二期会主催ゴールデンコンサートを拝聴し、とても素敵なひとときを過ごさせて頂きました。

終演後に、多田羅先生に一言ご挨拶できたことが、大変嬉しく、感動致しました。どうもありがとうございました♪


2010/10/2  1:52

投稿者:友人フリッツ

 9月30日のヘルムート・ヴィンシャーマン指揮「マタ
イ受難曲」を聴きにトリフォニーホールへ伺いました。
本当に大盛況で1席も空きのない完売とはあのことです
ね。


  90歳のマエストロは朝日新聞の写真からは、もっと
枯れているのかとおもいきや、指揮するお姿は鋼のよう
な若々しい様子で、3時間以上の演奏でも全く疲れをみ
せないエネルギーには驚きました。


  指揮者と合唱の中に居るイエスの多田羅さんとが相
対した位置にいらして求心力となり、すっかりとドラマ
を創りあげていて、日本語の演奏ということで、どうな
るのだろうと思っていましたが、音楽の雄弁さが損なわ
れなかったのは素晴らしいことでした。


  スペシャルオーケストラの豪華なメンバーの奏でる
音色と久しぶりに拝聴した小林道夫先生のオルガンも聴
けて本当に満足です。


  Evangelistの鈴木寛一先生が急病とのことで、櫻田
亮さんがそのパートをドイツ語で演奏なさいましたが、
字幕の訳詞を見る限り、あのレチタティーヴォは、よほ
ど内容と両方の原語に通じていないと表現が難しいと思
うので、語り手が原語になることで、かえって登場人物
としてのドラマの部分との対比が際立って、かえって面
白くなったのではないでしょうか。


  多田羅さんのイエスはこれまで原語で何度も聴いて
いるのですが、やはり格別で、歌詞と音楽の行間を埋め
る力が際立っていると感じました。


  イエスという登場人物をリアルに感じられるかどう
かが、この曲にかかっていると思うのですが、その真贋
のわかれ道というのがあって、奏者によってはその人自
身が全面に出てしまい、旋律と声に任せて単色で陶酔し
て歌われるとどうしても作品に入り込めなくなってしま
い、なにかエセ預言者のようで残念だなぁと思うことも
少なくないのですが、昨夜は久しぶりに濃密な時間を堪
能させて頂きました。


  成城合唱団、そして成城学園初等科高学年の子供た
ちの合唱もよく研鑽され熱気が伝わってきました。


 マエストロヴィンシャーマンが、指揮棒を持たずに長
〜い両手の指で表現し紡ぎだす、活き活きとしたバッハ
をいつかぜひまた聴くことができれば嬉しいです。


http://www.asahi.com/showbiz/music/TKY201009220323.html

2010/10/1  3:10

投稿者:荒城の月

私も多田羅先生の声が大好きです!
下記URLで荒城の月の演奏が聴けることを発見。
至宝の歌声はMY BESTです。

http://tvpot.daum.net/clip/ClipView.do?clipid=9422548

2010/9/30  2:46

投稿者:星は光りぬ

90年の二期会40年記念『フィガロの結婚』での多田羅さんの躍動感と気骨あるフィガロ、そして2002年の50周年記念宮本亜門演出『フィガロの結婚』アルマヴィーヴァ伯爵での鮮明な歌唱と一筋縄でゆかない役作り、どちらも強く印象に残っています。

故中山悌一氏とその流れを汲む多田羅 迪夫という匠に
共通点があるとすれば、それは表層的でない審美眼を
持ちながら、感性に流されず、しかし評論家ではなくあくまでも実践者として停滞せず進む勇姿が似ていると
思うのです。

しっかりとした骨格を持った、けれど柔軟な音楽創り。
センチメンタルや自己顕示に陥らないノーブルさで、二次元でなく三次元の世界へ聴衆を連れ出し、明晰な頭脳を持ちながら、音楽を机上の’音学’にしてしまうのでなく、音楽の生き生きとした彩りを、まるでたやすいことのように清冽な泉から汲みだしてみせてくれる…

どなたかが、ご自身のブログに
「私の場合は、
東京藝術大学の多田羅迪夫先生の「声」から先生そのものにホレたような気分になったこともありましたし、
「声」の美しさは、外見や性格の魅力をはるかに超える
パワーがあるなぁ!」と書いておられるのを発見し、
その弁も説得力があるなぁと最近妙に納得もしましたが、元来の美声や音楽性に加えて、感性におもねらない確かな見識、教養を伴う懐の深さといった両輪を兼ね備えていることがさらに稀有なのではないでしょうか。

ウェットでないけれど淀みなくみずみずしいと感じるのは、演奏の中に言葉では説明がつかないような発光の触媒作用が働いているのでしょうか。
そのデリケートな瞬間は目に見えませんが、プロフェッショナルであることを気付かせないまでに隙のない自由闊達さに惹きこまれ、後でしてやられたり!と驚かされることがあります。

2010/9/29  23:50

投稿者:眠り猫姫

今日は中山悌一先生の一周忌だったのですね。昨年の第九の打ち上げの席で中山悌一先生について話して下さったことを覚えています。
今、ドイツリートに必死に取り組んでいますがこうして学ぶことができるのも先人達の多大な功績があるからこそ。私は一音楽愛好家に過ぎませんが、より一層丁寧に音楽と向き合いたいと思います。

http://blog.goo.ne.jp/muguet11


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ