2012/2/21

ドイツ・レクイエム  公演情報

東日本大震災から一年目にあたる2012年3月11日に、小田原市民合唱団の方々等や小田原楽友協会管弦楽団の皆さんと「みんなで歌おう!市民によるドイツ・レクイエム〜被災地に想いを寄せて〜」に出演させて頂きます。
指揮は広上淳一氏、ソプラノは田中詩乃さん。 祈りを込めて歌います。

ヨハネス・ブラームス『ドイツ・レクイエム

Ein deutsches Requiem für Soli, Chor und Orchester op. 45

第1曲   Selig sind,die da Leid tragen   Chor

第2曲   Denn alles Fleisch es ist wie Gras   Chor

第3曲   Herr,Lehre doch mich バリトン独唱と Chor

第4曲   Wie lieblich sind deine Wohnungen   Chor

第5曲   Ihr habt nun Traurigkeit  ソプラノ独唱と Chor

第6曲  Denn wir haben hie keine bleibende Statt バリトン独唱と Chor

第7曲  Selig sind die Toten  Chor

リハーサル公開
平成24年3月10日(土) 小田原市民会館大ホール 18時30分〜20時00分

公演: 平成24年3月11日(日)小田原市民会館大ホール 14時00分〜16時00分

WEBマガジン Openers
http://openers.jp/culture/tips_music/consert20120311.html


ドイツ・レクイエムといえば敬愛する Dietrich Fischer-Dieskauの演奏を想い起こしますが、
昨日、東京二期会『ナブッコ』の休憩中に東京文化会館の売店でフィッシャー=ディースカウの
『ワーグナーとニーチェ』Wagner und Nietzsche(荒井秀直訳)が文庫になっているのを見つけて早速購入。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
16




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ