2013/9/18

藝大定期  公演情報

第359回藝大定期 藝大フィルハーモニア定期演奏会+うたシリーズ 
生誕200年「ヴェルディとワーグナー」[演奏会形式・日本語字幕付]

http://www.geidai.ac.jp/facilities/sogakudou/info/20131025_14_01.html
2013年10月25日(金)19:00開演(18:30開場)
東京藝術大学奏楽堂(大学構内)   入場料 全席指定 3,000円

生誕200周年を迎えるオペラの2大巨匠
ヴェルディ『ファルスタッフ』とワーグナー『ニュルンベルクのマイスタージンガー』の
聴きどころから
私は《マイスタージンガー》 ハンス・ザックスを歌います。
指揮:高関 健
管弦楽:藝大フィルハーモニア 
東京藝術大学音楽学部声楽アンサンブル4年

主催 東京藝術大学音楽学部
東京藝術大学演奏藝術センター

チケット取り扱い ヴォートル・チケットセンター
TEL:03-5355-1280 http://ticket.votre.co.jp/

チケットぴあ
TEL:0570-02-9999 http://t.pia.jp/《Pコード:206-053》
(一部携帯電話・PHS・IP電話はご利用いただくことができません)

東京文化会館チケットサービス
TEL:03-5685-0650  http://www.t-bunka.jp/ticket/

イープラス(e+)
http://eplus.jp/

藝大アートプラザ
TEL:050-5525-2102
お問い合せ 東京藝術大学演奏藝術センター TEL:050-5525-2300
クリックすると元のサイズで表示します
4



2013/10/26  10:48

投稿者:I loveワーグナー

10月25日芸大フィル ヴェルディとワーグナー、聴かせて頂きました。《ニュルンベルクのマイスタージンガー》では勝部太さんと多田羅さんが、ハンス・ザックスを交代で歌って、交代の際にハイタッチする姿が微笑ましかったけれど、(オーケストラの後ろにソリストという状況もあったかもしれませんが、勝部さんの活躍した時代を知っている身としては・・?)全曲、多田羅さんが歌った方がよかったですね。
第4場、ザックスの仕事場の場面は、表情、身振り手振りも交えてやはり、多田羅ザックスは素晴しい。もっと聴きたかったですね。変わらぬお元気なお姿(歳をとらない?)にも驚きました。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ