2014/12/9

年の瀬に  公演情報

今年も年の瀬となりました。
皆様にはいつも何かとお心にかけていただきありがとうございます。
寒さの折、体に気をつけてお過しください。
来年も素晴らしい年でありますよう。

12月の演奏予定
2014年度の「第九」の指揮は13日の館林では、群響音楽監督でもある名手、大友直人さん。そして20日、21日、23日の新日本フィルでは、2013年ザルツブルク音楽祭ヤング・コンダクターズ・アワードで第1位を獲得した若きイギリスの指揮者ベン・ガーノン(Ben Garnon)さん。楽しみです。

TATARA, Michio

二期会21official website

館林「第九」12月13日(土)

群馬交響楽団

新日本フィル「第九」12月20(オーチャード)・21(サントリーホール)・23 (すみだトリフォニー)

イープラス




クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
2014年12月13日 館林にて
(2014年12月 館林「第九」
プログラムに掲載)

館林第九合唱団音楽監督
 多田羅迪夫「ごあいさつ」
 東北地方を襲った3.11の被害から一向に復興が進展しない事への苛立ちと日本社会が閉塞していると感じるこの時こそ、人間の連帯を高らかに歌い上げるベートーヴェンの第九交響曲を演奏する意味があると思います。そして、その目的達成のために今年も多くの新しい仲間を迎えることが出来たことを大変嬉しく思っています。
 この合唱団の活動は、年間の前半は「シャトル・コンサート」と名付けた〈合唱団独自の演奏会〉に向けて、後半は「第九」演奏会に向けての練習が中心です。
ところが実は来年、館林第九合唱団にとって大変な事態が勃発しました。それは、演奏会の本拠地である館林市文化会館が修復工事のために1年間休館となると言うのです。それは館林第九合唱団にとって来年に限っては、第九演奏会のような大規模な演奏会を開催する会場が無いと言うことを意味します。
そこで、来年に限っては、夏の「シャトル・コンサート」が終わってからの活動を年末の第九演奏会の代わりに「クリスマス・コンサート(仮称)」を三の丸芸術ホールで行おうという決断をするに至りました。
災い転じて福となすことが出来るように、団員一同そして私と、私の門下生達の指導アシスタント(渥美・小林・高瀬・布施)、そしてお二人の素晴らしいピアニスト(木村・飯野の両先生)が、気持ちを一つにして、楽しく素晴らしいコンサートを準備していこうと考えています。
 本日会場にお越し頂いた皆様にも、「合唱」を通して音楽の素晴らしさと楽しさを味わって頂きたいと願っています。心からこの合唱団への参加をお誘い申し上げます。是非、私達と共に歌いましょう!
 では、大友直人先生指揮、群馬交響楽団のサポートを得て、館林第九合唱団が心をこめて演奏する「第九」を、ごゆっくりとお楽しみ下さい。

写真を追加しました
クリックすると元のサイズで表示します
2014年12月20日 新日フィル「第九」指揮のベン・ガーノン氏と共演者たちと
6



2014/12/26  21:52

投稿者:星は光りぬ

ありがとうございました

2014/12/15  23:27

投稿者:吉成

先生の歌声、今年も素敵でしたハートx2

と言いながらも、ロマンスグレーが素敵な大友先生に心が揺らいでしまったことは、聞かなかったことにしてください!

今年は涙に溢れた一年になりました。
一年目の去年は、心配と不安で緊張の本番でした。
二年目の今年は、先生から注いで頂ける沢山の恵みを、身につけることの出来ない自分が悔しくて仕方がない日々を過ごしました。そして本番も悔いの残るものとなってしまいました。

来年は、多田羅先生のように、穏やかさの中にも華やかに輝くほほえみを湛えることが出来るように、成長したいと思います。
やわらかな心と豊かな響きを持って、喜び歌うことができるようにと祈ります。
引き続き、先生の御力をお貸しいただければ幸いです。


来年は、今年以上に、先生の優しい笑顔に会えますように…、先生に笑顔になっていただけますように…。

今年も一年、ありがとうございました!!
嫌とは言わず、来年もよろしくお願いします!

素敵なクリスマスが、今年もまた先生のもとに訪れますようにキラキラキラキラキラキラ

2014/12/15  0:35

投稿者:-

改めて多田羅先生の存在の大きさを実感しました。

第九の曲中で合唱に道を指し照らす冒頭のバリトンソロの姿そのままに、館林第九合唱団に道を示し、歩みのうちにあってはいつも傍らに寄り添い足元を照らす灯火であり続けてくださる先生に、感謝いたします。

そんな優しい先生と、今年もまた共に第九の舞台に立つことが出来たことを嬉しく思います。
ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

2014/12/15  0:32

投稿者:躑躅

『感涙そして感佩』

この溢れ出る涙はなぜでしょう。
「第九は歌い終わると泣くよ!」私が第九を練習し始めた頃に、とある第九好きのおじさんに言われた一言です。
その当時は、ドイツ語のカタカナ読みに四苦八苦するばかりで、初の第九を歌い終わっても涙は出ませんでした。

あれから〇〇年、思わぬところであの言葉と再会しました。
しかも気づけば、指揮者は初めて第九を歌った時と同じ大友先生でした。

幾度となく歌ってきたはずの第九。しかし、歌う度に新たな気付きと感動に出会わせてくれるのもまた確かです。

ただ単に私も年をとっただけなのかもしれませんが、指揮者の大友先生、多田羅先生はじめソリストの皆さん、群響さん、そして共に声を重ねた仲間に恵まれたからなのだと信じます。

この日の幸せを胸に、私はきっとまた、次回の第九に向けて進んで行き続けるのだと思います。
新たな仲間と、素敵な感動との出会いに期待しながら…。

素敵な機会を与えていただき、ありがとうございました。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ