2016/11/16

水曜エッセー「オペラ羅針盤」第5回  文化・芸術

2016年10月16日から5回にわたって水曜エッセー「オペラ羅針盤」を、「しんぶん赤旗 文化・学問欄」に掲載して頂きました。

数年前から時々、作曲家についての原稿を依頼され書いたのがご縁で、「オペラについて、何か面白いエッセイを書いてください!」と、今回の連載のお話を学術・文化部の大井民生さんから頂きました。短い随想ってなかなか難しいものですね。あれも書きたい、これも書きたいと、つい長くなって削るのに苦労しましたが、とても楽しい経験でした。
さて、今月は、いよいよリヒャルト・シュトラウスのオペラ『ナクソス島のアリアドネ』(11月23日・24日・26日・27日 於 日生劇場)の上演が迫ってきました。
エッセイにも記しましたが、ヴィジュアル的にも声楽的にも身体能力的にも非常に優れた若いオペラ歌手が揃っています。その中に加わることの出来る喜びをかみしめながら、公演へ向けて、日々の稽古に励んでいます。

皆様、ぜひ劇場へお越しいただければ幸いです。私はシングル・キャストなので全日出演しております。

【関連WEBページ】
オペラの散歩道〜二期会blog
11月公演『ナクソス島のアリアドネ』〜執事長役・多田羅迪夫インタビュー
才能豊かな新しい世代の歌手たちとともに
http://www.nikikai21.net/blog/

http://www.nikikai.net/lineup/ariadne2016/index.html 公演詳細
東京二期会オペラ劇場 NISSAY OPERA 2016 提携
リヒャルト・シュトラウス作曲『ナクソス島のアリアドネ』
プロローグと1幕のオペラ 日本語字幕付き原語(ドイツ語)上演
台本:フーゴー・フォン・ホフマンスタール
指揮:シモーネ・ヤング  演出:カロリーネ・グルーバー 管弦楽: 東京交響楽団
2016年11月23日(水・祝) 17:00  24日(木) 14:00  26日(土) 14:00  27日(日) 14:00
会場: 日生劇場
プロローグ40分  休憩20分 オペラ85分  2時間25分
クリックすると元のサイズで表示します

オペラ羅針盤 多田羅迪夫(たらら・みちお 声楽家・東京藝術大学名誉教授)

オペラ歌手は太っている方が良いのか?

ドイツの歌劇場の専属歌手時代を経て、30歳前半で帰国した私は、日本国内での仕事にも恵まれ、幸いなことに途切れることなく 現在も演奏を続けています。歌手は自分の身体自体が楽器ですから、身体全体が健康である事が一番大切です。特に心肺機能と、声帯の健康を維持する事が重要だと分かっていても、それがおいそれとはいかない事も身にしみて感じています
私は学生時代には痩せていて胸幅も薄かったのですが、ドイツ滞在中にプールに通って身体を鍛えた結果、胸囲が15pも増え、従来に比べて歌う事が随分楽になりました。つまりこの経験は、歌手にとって肺機能が優れた方が有利である可能性を示唆しています。
また、役作りで過度なダイエットをした際には、一時的に声までも痩せたと体感したことから、「太っている方が声帯も厚みを増して、結果的に充実した声が出しやすい」と感じる経験もしました。しかし、世界的にもスレンダーな体型を保ちつつ、素晴らしいオペラ歌手である方たちが多い事も事実ですし、舞台姿が美しいに越したことはないのですから、声のためとはいえ、むやみに肥満を推奨してはならないのです。
身近な例をあげると、私の出演する二期会オペラ公演「ナクソス島のアリアドネ」(11月23日・24日・26日・27日 於 日生劇場)には、ヴィジュアル的にも声楽的にも身体能力的にも非常に優れた若いオペラ歌手が揃っていて、日本のオペラ界の人材が育ってきていることを実感します。
来年7月に東京二期会は、グラインドボーン音楽祭との提携公演で、R,シュトラウス「ばらの騎士」を上演し、私は公演監督を務めます。「オペラ」という芸術は、その発祥がイタリアであり、ヨーロッパを中心に発展していったとしても、今や世界共通の総合芸術として認知され、アジア各国に国立歌劇場が次々と建設されるまでになっています。日本の「二期会」というオペラ・カンパニーが、世界のオペラハウスと共同制作や連携公演を日常的に行っているのです。私の拙文を通して、一人でも多くの方々が「オペラ」に興味を持って、劇場にお越し下さることを祈って筆を置きます。

3



2016/11/16  19:05

投稿者:多田羅ファン

林田直樹のカフェ・フィガロ(インターネット・ラジ
オ)に多田羅迪夫さんが出演しています。
https://www.blue-radio.com/program/cafe/

貴重なお話が盛りだくさん。演奏も聴けますので、ぜひ
お聴きになることをおすすめします!

1回目朝比奈隆、小澤征爾との出会いやドイツと日本の
違い、2回目には『ナクソス島のアリアドネ』の話など
も。





https://www.blue-radio.com/program/cafe/index.aspx?genrename=160911


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ