2021/7/23

2021年7月23日金曜日   雑感

暑中お見舞い申し上げます。
猛暑ですね。
2021年7月23日金曜日 。一年遅れの2020年東京オリンピックの開会式が行われています。
関係者以外無観客でマスクにスマホを手にした選手も多い行進。
数年前にはこんな光景を想像していませんでした。
新型コロナの影響で、相変わらずのリモート会議や合唱コンクールの予選日の延期、様々なリハーサルにも影響が出ていますが、お蔭様で私は元気です。
トレーニングジムで汗を流し、医食同源、食生活を整え、興味のある分野の本を読んだりする時間を大切にしています。
最近まで、日経新聞の夏目漱石を描いた連載「ミチクサ先生」を楽しみに読んでいました。漱石の日常や人間関係の描写が面白かったですね。

東京二期会7月公演『ファルスタッフ』は、最終リハーサルの時期に、合唱団からコロナ陽性者が出て、公演初日を中止、開催が危ぶまれましたが、2日目以降上演可能となりました。合唱団は舞台上でもマスクをつけての出演。若手初日組は1日だけの出演となりましたが、粒揃いの素晴らしい仕上がりでした。
ともあれ開催できたことを喜びたいと思います。
7月20日には東京文化会館と新国立劇場『ニュルンベルクのマイスタージンガー』プレイベント、
大野和士のオペラ玉手箱を聴きに江戸川区文化センターまで行ってきました。
オペラ芸術監督自らが、解説やピアノを弾きながら、作品の魅力を伝えることはとても重要なことだと思います。
cover歌手たちの様子もわかり貴重なひとときでした。

私が東京文化会館で、『ニュルンベルクのマイスタージンガー』ハンス・ザックスで出演してから
19年が経とうとしているのだなぁと様々なシーンを感慨深く思い出しました。

皆さま、どうぞ引き続きご自愛ください。



クリックすると元のサイズで表示します
7



2021/7/23  23:26

投稿者:ローズマリー

二期会創立50周年記念公演
歌劇「フィガロの結婚」全四幕より第二幕 
Le nozze di Figaro-Atto 2
アルマヴィーヴァ伯爵 多田羅迪夫
Count Almaviva Michio Tatara
伯爵夫人 大倉由紀枝
二期会創立50周年記念公演
歌劇「フィガロの結婚」全四幕より第二幕 
Le nozze di Figaro-Atto 2
Count Almaviva Michio Tatara
アルマヴィーヴァ伯爵 多田羅迪夫
伯爵夫人 大倉由紀枝

https://www.youtube.com/watch?v=Lb0c-JAei1U

2021/7/23  23:12

投稿者:夏への扉

2002年7月27日・8月4日と2度通いました。
指揮:クラウス・ペーター・フロール 演出:

ルト・ホレス
リヒャルト・ワーグナー『ニュルンベルクのマイスター
ジンガー』オペラ全3幕
字幕付き原語(ドイツ語)上演 東京文化会館 大ホール 
最高でしたね!
ハンス・ザックス:多田羅迪夫  ダーフィット:故経
種廉彦 エーファ:佐々木典子
プロダクションで売るのではなく、人物がフレームを越
えて語りかけてくるようで・・二期会公演の中で、最も
感動した上演でした。
映像があれば観てみたい。






http://www.nikikai.net/lineup/past/meistersinger/index.html


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ